Life and Death


母の日が来て、ちょうど流産して一年が経ちました。

そして、今私のお腹の中には新しい命が宿り、

あと2ヶ月でこの世に産まれようとしています。

8ヶ月にはいるとこんなに胎動を感じるのか?!という位

ずっと動き回って、太ったお腹が波打っています。

ビデオに撮ろうとすると、ぴたっと動きが止まるので、

この波は私の贅肉の波ではないのだと毎回感じるのであります。

マヤ文明でこんな事を学びました。

女性は生と死を人生で6回繰り返すと。

そのうちの3回は、

その生理が初めてきた初潮というとき、

女の子という時期の「死」を迎え、女性と言う「生」の始まりになります。

これをmaidenと呼びます。

そして、出産をするとき

シングルの女性と言う時期に「死」を迎え、母と言う「生」の始まりになります。

これを、motherhoodと呼びます。

更年期という時期が来ると

母なり女性という時期に「死」を迎え、婆という「生」の始まりになります。

これを、croneと呼びます。

そう学びました。

婆と聞くと、あたかも単に年老いた女性の様に扱われますが

マヤ文明では、この婆という存在は、自分の今までの知識を家族の為に使うという役割から

コミュニティに還元していく知恵ものとして尊敬をされます。

でも、やっぱりメディアで、美魔女とか取り上げられると

生理が終わったら「女」が終わるッて言う感覚とかも、

どこかで植え付けられていて。

そのマヤ文明の考え方と昨今のメディアの差に

『違うんだよな〜なんか真実と違うんだよな〜』って感じていました。

さて、そんな私、母の日に、母に電話をしました。

そして、初めて胎盤の位置の事を話しました。

すると母が『誰、なんなのその医者は?』と。

その予想をしていない彼女の発言にビックリした私。

『え?結構、権威があるDr.っぽいんだけどさ〜』

と伝えると、

『あのね、その人、命を扱っている事を分かっているのかしら?

 今の時点で、2ヶ月後の赤ちゃんの様子なんて、予想する事なんて出来ないのよ。

 だから、今から分からない未来を予想して、決めつけて、

 予定を立てちゃうこと自体、おかしいと思うわ。

 やめちゃいな、そんな人。』

それを聞いて私、ホッとして電話口で声を上げずに泣きました。

『あのね、お産は安心して、合う人だなって人とするのが一番よ。

 大丈夫よ。そんな、あんたが、心配して泣いてたら赤ちゃんが可愛そうよ。

 胎教って言うけど、アレは、本当にあると思うわね。

 昔ね、エポック博士の育児書って言うのが流行ったんだけど、

 それを私は、分からないから一生懸命に読んでね、それに従わないと不安になっていたものよ。

 でも、今思うと、「誰?エポック博士って」って思うわ。

 あの本を読んでいた時間はムダだったわ。

 本当にムダだった。あんな、本に一喜一憂して。バカみたい。

 それよりも、赤ちゃんの一瞬を楽しんだ方が遥かに子育ては楽しかったと思うわ。

 だからね、今から未来の事を決めつけて言うその医者、やめちゃいな。』

 彼女のつらつらと話す声を聞いて、電話口でのど仏が痛かった。泣くのを必死にこらえて。

 その涙は、今までの知っている感情ではなく、母の言葉が嬉しくて、ありがたくて、身に染みて。

 彼女の経験から来る言葉は、真実で、私を育てた母だから、もっと私の心の奥に入って来て。

 そして、何よりも彼女の、

 『心配しなさんな。大丈夫よ。もっともっとあなたのカラダと赤ちゃんの方が遥かに賢いわ。

  で、何かがあったら医者に頼めば良いのよ。その為にお医者さんっているんだから。

  あなたの未来を予想する為に、医者はいるんじゃないのよ。易者じゃあるまいし』

という言葉がとても嬉しかった。

インテグレイティッドヒーリング(IH)(クリック)で出て来た

you know what is best for you

という事は、これかと思った。

私の母は、まさしく更年期を終えてから、

女性の知恵を渡していくと言う「婆」の時期に入っている。

押し付けがましくなく、それでも私に女性としてのパワーを与えてくれる。

私が初潮を迎えたとき、おめでとうと言って、

夕ご飯のメニューを小豆を買って、お赤飯と大好物の鳥の唐揚げに切り替えてくれた。

マッチ棒だった私のカラダが見る見るうちに太っていった時にも

『女のカラダになる準備をしているから、今のうちに太っておきな』

って言ってくれた。

私が大失恋をしたとき、

『そうやって自分に合う男性を見つけていく経験よ』と玄関先で泣く私に背中越しで言ってくれた。

結婚をすると決めた時、『アンドリューの事どう思う?』ッて言ったら

『カオが可愛いわね』と茶目っ気たっぷりに言い放った彼女。

どういう立場で言っているんだ?と笑わせてくれた。

出産について、

『いず美、出産は一度経験するといいわ。本当に陣痛が3分間置きにくるのよ。

 この仕組みを作った神様って面白いわーって思って、陣痛ごとに時計を眺めていたものよ』

と、出産とは鼻からスイカという恐怖心ではなく、面白い物なのだという見方を私に与えてくれた。

勿論、母との確執なんて驚くほど沢山あった。

それについてワークをした数は計り知れないほど。

きっと今だってある。一番身近な人間関係であるから無い方が奇跡かもしれない。

でも、最終的に、彼女は私が女性として生きて行く上で

自分の女性を肯定する形でいつも教えてくれた。

そして、今、彼女は『赤ちゃんと自分とそれを司る神様を信じて、今を楽しんで生きろ』と言う。

そうか、これがCroneの時期なんだ。。。。

母の日に、電話で母と話していて、

マヤ文明でいわれたcroneの時期の女性がどれだけ真実とともに知恵を秘めているかを感じた。

必要な時に必要な勇気と希望と真実をくれる。

「その医者、やめちゃいな。」か。

電話を切って、ベッドに入って、私はその母の口調になんだか笑えて来て

落ちついて眠りに着きました。

お母さん、ありがとう。

モノクロから虹色へ

毎月くる生理も生と死の繰り返しだと思っています。

死があれば、必ず次の生につながって。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”