ABOUT Izumi

アルファなオンナと呼ばれて

IMG_0172.jpg
IMG_0172.jpg

アエラEnglish 掲載
アエラEnglish 掲載

IMG_0188_edited
IMG_0188_edited

IMG_0172.jpg
IMG_0172.jpg

1/5
If your uterus is not center, 
your life is also out of balance.
もしも子宮の位置がずれていたら、
君の人生もまたバランスを崩している事だろう。

 

名前滝口いず美

 

ニックネーム:Zoomy

 

資格:

 

静岡大学教育学部卒業

 

マヤ文明マッサージ認定プラクティショナー(カリフォルニア州ライセンス)

 

ヤムナ®ボディーローリング

資格認定講師

ヤムナテーブルトリートメント資格

ヤムナフェイスボール資格

ヤムナフットフィットネス資格含

 

 

ピラティス資格認定インストラクター

 

 

本間キネシオロジー修了(TFH)

 

Integrated Healing プラクティショナー&L.A. オーガナイザー

 

認知行動療法一期修了

 

ピンクリボン監修乳がんサバイバーの為のピラティス講師認定

 

 

Kerala Ayurveda univesity 卒業アーユルヴェーダ ウェルネス

カウンセラー

 

経歴:米国、ロサンゼルス、サンタモニカにてカラダとココロのトータルサポートの個人セッションやグループセッションをしています。日本でも、ヤムナジャパンにてヤムナボディーローリングの認定を出す為のクラスを教えたり、スタジオヨギーにて海外講師として『子宮のセルフケア』クラスを年に二回、東京、OSAKA、名古屋、札幌、福岡などで開催しています。

 

静岡県御殿場市生まれ 

 

3歳からバトンを始め、静岡県代表として全国大会出場。

静岡大学教育学部英語科に在籍中にロサンゼルスへダンス留学。 

ダンス留学中、最優秀ダンサー賞と最優秀振付け師賞を獲得。 

 

2年間の留学を経て、日本に帰国。

2005年、再渡米。

その際、ピラティスをダンスの為に本格的に学び資格を取得する。 

過酷なレッスンの中で足の痛みに悩まされ、ヤムナボディローリング(YBR)と出会う。 

一度のセッションで足の痛みが消えたことに驚き、2008年に資格を取得。

2006年夏、突然体中に湿疹が出き、赤くタダレて腫上がり、

その為、ダンサーとしての道を断念し皮膚の改善に集中する事に。

 

一年間投与していたステロイドがいよいよ効かなくなり、

全米で5本の指に入るトップの皮膚科医に『この皮膚で残りの人生を生きてください』と告知される。

 

西洋医学に限界を感じ、東洋医学に助けを求める。

その間、ステロイドの副作用にて左目の視力をほぼ失う。

悪化の一途を辿る体の不調を治すべく、世界のいろいろな場所や人を訪れ

体の回復を図る。

その中で中南米に飛び、ジャングルの中、マヤ文明マッサージという子宮を元の位置に戻す治療について学ぶ。

またYBRの学びも深めていく中で、セッション後、顔の皮膚の赤味が一気に引いた事で、

筋肉と臓器の関係があるのではないかと興味をもち始め、

筋肉と感情のつながりをワークするキネシオロジーに出会う。

キネシオロジーのセッションで、全ての皮膚の不調は渡米までの大失恋だったことを突き止める。

また、インテグレイティッド・ヒーリングを学び、潜在意識のプログラミングを解除することで

過去の傷からの様々な不調を手放すことを知る。

これにより、心と身体のつながりを身をもって体験する。

自分の考え方や、感情や、信じていることが体に不調となり現れることをクライアントさんを通じて、確信していく。

その中で、女性という生き物はどんな生き物で、

どう生きたら女性として幸せに生きていけるのかを教えるドクターパッドに出会い師事。

子宮が感情を溜める臓器であること、

子宮に機能不全がある時は、感情とつながっていること、

そして、

それは女性という生き物がどういうものかを学ばずに

資本主義社会の男性化した社会で生きていくことをした結果であることを知る。

現在、大好きな旦那さんと40歳すぎで二人の子宝に恵まれ、サンディエゴで暮らしている。

これらの自分の経験を元に、

内側からのアプローチであるキネシオロジーやインテグレイティッド・ヒーリングと

外側からのアプローチであるピラティスやYBR、そしてマッサージを融合し、

クライアントにオーダーメイドのセッションを提供している。