Surrender and Trust


診察の後、涙が枯れるのではないかというぐらい泣きました。

今回、初めて会う産婦人科医との対面。

どんな話をしようか、どんな先生なのだろうかと、胸を膨らませてアンドリューと

行きました。

ただ、思った通りには行かなかった。

『あなたは、高齢出産なので、40週に入ったら、陣痛促進剤を打つ事を視野に入れます』

『あなたは、高齢出産なので、私はやめさせる事はできませんけど、自宅出産は私はあなたには推奨しません。何かあってからでは遅いですから。』

『あなたは、糖尿病の検査をしていないけど、してください。オレンジ色の飲み物以外の方法はありません。必ず次回の診察までに検査をして来てください』

そんな感じ。

自分の中で、彼女に対して何も言えなくなって、心を閉ざしているのが分かった。

もう話しても伝わらないだろう。

私と彼女の出産に対するビジョンが違うのだろうから。

自宅出産を助産婦さんの元でしよう。

そう心の中で決めていました。

ただ、彼女の最終的な言葉で私は、そうも行かなくなることに。

『あなたの胎盤は、低いところに有ります。 

 子宮口から2センチ以上離れていないと自然分娩は望めません。

 前置胎盤ではないけど、低い位置よ。

 なので、帝王切開の可能性もある事を視野に入れてください。』

(え?帝王切開???)

彼女、今、帝王切開って言った?

そこでアンドリューが

『ただ、子宮がこれから大きくなって、子宮口から胎盤が移動する場合もありますよね?』

と尋ねると、

『ええ、20週とかだったらね。

 でも、今の時点で29週でこの位置だったらさほど変わる事はないと思うわ。

 まあ、望みを持っていてもいいけど、37週には決定するわ。

 あなたは高齢出産なので、超音波のスペシャリストのところに

 この3週間以内に行って、指示をもらって来てください。

 帝王切開にするのか、どうなのか』

後半は、彼女が何を言っていたのかあまり覚えていない。

でも、彼女がパタンと扉を閉めて、出ていった瞬間に涙が溢れ出て来た。

あんなに陣痛を感じて、自分の女性としてのカラダの機能をフルに感じたい。

そのために、体力もつけたし、食事もしっかりして来たし、これからヒプノやブラッドリーメソッドだって受けるつもりだったのに。

どうして??

私の思う形とは全く違う方向へと船が進んでいくことに、

私は正直泣くしか出来なかった。

陣痛も感じないかもしれないんだ。

産道も通らないかもしれないんだ。

お腹を切るのかもしれないんだ。

麻酔を打つかもしれないんだ。

赤ちゃんのタイミングではないんだ。

今まで自分が思い通りに行かないことなんて、たくさんあった。

でも、これは、自分のパッションである子宮の働きを知りたいのに、

こんな事ってあるのだろうか。

今まで、読んで来た本はなんだったんだろう。

今まで、想像して来た事はなんだったんだろう。

今まで、胸を焦がしていた事はなんだったんだろう。

ヒプノバースも、ウンコ訓練も、bradly methodも、なんだったんだろう。

泣いていれば泣いているほど、お腹の赤ちゃんが蹴り続ける。

お腹の痛さと、心の痛さとどちらが痛いのかわからないほど泣いていた。

夜もずっと泣いていた。

アンドリューは、私を、リビングの私たちの誓いの言葉を掲げた所に手をとって

連れて行き、祈ろうって言った。

『神様。。。。。』

そういって話しかける彼にも泣けて来た。