Wake Up Call




怒り顔で車を夜走らせている私に


後部座席から

『ママ、お家に帰ろう』


と2歳の娘が言った。



『ママ、手を握る』

そう言って、私が運転をしながら、後部座席に手を伸ばすと

2歳の娘の小さな手は震えながら、私の人差し指を握った。


『帰りたい?』


そう聞くと

『うん、パパのところに帰ろう』


そうか細い声で言った。


バックミラーで彼女の顔を見ると、

彼女の顔が夜の電灯の光を照らしていく。



どうしよう。


ことの発端は、些細な喧嘩だった。

うちの家のタンスの引き出しが一つ壊れている。

アンドリューのTシャツが入っているのだが、そのタンスが引き出せないのだ。


『これ、昨日直したのに、今日、また壊れている。

 俺は、触っていない。だとしたら、他に誰がやったと思う?』


そう彼は言った。


『私がやるわけないじゃん。』


『じゃあ、他に誰がやるんだよ。』


『知らないよ!私はやってない!』


『こんな重いの、他に誰がやるんだよ』


『だから、私じゃないってば!』


そんな言葉の言い合いになった。

そして、アンドリューの一言が決め手となった。




『大声出すなよ!5年前の君はどこに行っちゃったんだよ!』





その一言で、私は、全身の毛が猫のように逆立ち怒りに震えた。


「5年前の私はどこへ行ったかだと?!」


それを言っちゃーおしめーよ。



シャワーを出た私は、パジャマでスーツケースに子供たちのものを

乱暴に投げ入れた。


それを黙ってベッドで見ているアンドリュー。


子供を抱き抱え、スーツケースを車に投げ入れ、ドアを思いっきり閉めた。


怒りでアクセルを踏む足が震えた。


『どうしたの、ママ。』


そう聞く娘の声が、私の心にきつく重く刺さった。


勢いで出てきたものの

頭の中は、


これからのホテル代、いくらかかるねん?


とか


日本に帰るとしたら、赤ちゃんのパスポートがない。とっておけば良かった。


とか


来週の講習会、どうしよう、延期か?!


とか


いろいろなことの計算で頭がぐるぐる回った。


その中で、『5年前の君はどこ行っちゃったんだよ!』というアンドリューの声がこだまして

その声をかき消すために、また頭の中で計算を続けた。



ホテルの駐車場に止めて、一瞬考えた。

こんな姿で宿泊させてくれるかな。


ギャン泣きの赤ちゃんにおっぱいをあげるパジャマ姿の40代女性。


情けねえ。


警察呼ばれたら、、、


『原因はなんですか?』

『えっと、タンスの引き出しで喧嘩をして、、、、』


なんて、言えねーぜ。


すると、メッセージがアンドリューから入る。


『子供達が必要なものがあれば、持っていくけど』


子供達ダァ?

私のことを言わない彼にイラっとする。


『あのですねえ、子供達が必要なのは、お父さんです』

そう返した。


『お父さんは、いるさ』


『あのですね、そのお父さんっていうのは、

 お母さんがどんな状態でも愛するお父さんなのですけど』


『。。。。。。』



音沙汰がない。


その横でパパに会いたいと私のジャケットの裾を引っ張る娘。



『長女があなたのところに行きたいと言ってる。

 私は赤ちゃんと一緒にホテルに泊まるから、長女だけ迎えにきて』


そういうと

彼は、飛んできた。


時間というものは、神様からのギフトだと思う。

その待っている間、

私は、子供たちをあやしながら

5年前の自分とどう違うのだろうか?と考える時間をもらった。


5年前は、自分に余裕があった。


で、今の私。

デブで、ハゲで、いっぱいいっぱいで、その上、口うるさくなったと思う。


私は、こんなにやってんねんで!っていう気持ちが大きくて

アンドリューの一挙手一投足にイライラしていた。



言ったことをやってくれない彼に苛つき

言ったことを、思い通りにやってくれない彼に舌打ちした。


その不満が、彼に対して怒りやフラストレーションの言葉となって

彼の耳を突き刺していたと思う。




私が、彼だったら、、、、、

そう考えたとき、(まあ、そう言いたくなるわな)と納得もした。



さあ、ここから、どうする、いず美!

そう自分に問いただした。


愛、愛、愛。

愛を持った私は、何をする?


そんな中、アンドリューが登場だ。


『ごめん。お家に帰っておいで。』


そういう彼。



ふん、なにさ。

あなたが全部悪いのよ。


底意地の悪い私は、そう言いたい。

でも、心の奥底では、そう言ってもらえてホッとしている。


そして、

きっと彼の立場だったら私は、そんなふうに優しく声をかけれない。


彼の優しさに私は言った。


『私自身も5年間ですごく変わったと思う。

 余裕がないことが言葉にキツく出ているね。

 分かっているの。ただ、コントロールがつかない。

 自分も5年前の自分を覚えていない。

 どうだったっけ?

 それぐらい、必死なの。

 こんな私でも愛して欲しい。』


そう伝えた。


でも内心、こんなことをいう自分にガッカリもしていた。

もっと私、大きく愛を伝える人になりたい。


駐車場の警備員がちらりと私たちを見た。

幼い子供を抱えて二人の男女が話し合いをしていれば、

なんとなく分かることだろう。


いろんな話をして、なんだか、コメディに思えてきて

私たち二人は目を合わせて笑った。


何やってんだ、俺ら。

なにやってんの、私たち。


でも、帰り道。

私にとって、彼の『5年前の君はどこへ行ったんだよ!』の言葉は、

自分のいろいろな点を見つめ直す

ウェイクアップコールだと思った。



私、ここで変わる必要があるな。

私、ここで変わりたい。


そして、私は、今、コミュニケーションの勉強をしている。


心にあることをちゃんと言葉にのせてあげれるように。


ずっとずっと学びたかったこと。


アンドリューと話していて思う。


こうやって、人の話を聞くんだな。

こうやって、自分の思いを口にするんだな。

こうやって、心に触れる話し方をするんだな。


でも、学んだことがないから、今までの癖の話し方が出ちゃう。

そして、ああ、違うのになあって思う。


そこから愛を持って


人への頼む方法

人の不満の聞く方法

嘘をつかれたときの会話方法


こんな風に考えたことがなかった。

そんな目覚めの連続だった。


今回のはウェイクアップコール。

もっと愛を乗せて言葉を紡ぐ私になるように。


夫婦喧嘩って、気づきの連続。


それを今、毎日実践中です。

自分の身につくまで、トライ&エラー


未来の私がこの夫婦喧嘩が転機となったと言えるように。


そして子供がいていっぱいいっぱいでも

5年前の君はどこだ?!ではなく、

5年前の君よりも、もっと愛を語れていると言ってもらえる私になるように。


そして、自分に関わる人みんなと愛の言葉を交わせるように。



モノクロから虹色へ









Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”