Monster in Parents

モンスターペアレンツというのが教育界でも話題になったのは

どれぐらい前だろうか?


戦後、学校の先生はすべて正しいという風潮から

男女平等を聞いて育った子供が大人になり、

女性も発言ができるところから、

モンスターペアレンツというのが出始めた。


学校の先生も、教育よりも親の対応に追われて大変だというのは

教育学部出身の私の耳にも先輩で教育界で働く先生方からよく聞いたものだ。


自分が親になっていない私は、その時になんて面倒くさい親が氾濫しているのだろうか?

と思ったものだが、

今、自分が親になってみて、なんだか親の気持ちが少しわかる気がした。



ただ、ほんの少しだけだ。


本当にほんの少しだけ。


****************************

「モンスターペアレンツについての仮説」


きっと、モンスターペアレンツは、

モンスターが心の中に潜んでいるだけなのかもしれないと言う仮説。



この仮説ができたのは、先日の経験からだった。


モンスターの初登場

先日、子供を連れて近くの公園に遊びに行った。

家の外で同じ年齢の子たちと遊ぶことがない2歳になった長女は、

公園で子供たちをみて、どう友達の輪に入っていいのかわからない様子だ。


走り回っている子供たちの後を追ってみたり、

子供たちの前で自分が持っているボールを落としてみたり、

子供たちに手を振ってみたり。


同じぐらいの背の子がいたら、その子と横に並んで歩いて、手を繋ごうとしてみたり。

でも、相手はそんなことは知らないから、手を繋げない。


その空中浮遊している、彼女の小さな手が私の目にはとても寂しく思えた。


そんな我が子を見て、私はなんだか心の奥がヒリヒリしていた。

心の中のモンスターが、チクチクと心のドアを叩き始めている感じだ。


なぜか泣きそうになる、そのモンスターをグイッと堪えて時間を過ごした。




モンスターの登場2

その後日、サファリパークに遊びに行ってきた。

娘は、私とかけっこをしたり、動物を見たり、手を繋いだりして楽しそうだ。


そして、象のショーをする観覧席で、ある男の子を見つけた。

『あの男の子のところに行く』


そう言って、自分よりも少し大きい男の子を追いかけ始めた。

『私と一緒に遊ぼうよ?』

そう男の子に伝える娘のたどたどしい言葉。


男の子の耳には聞こえない。

彼女の遊びたいという声が届かない。


ちくり。

その風景を見ていた私の心の中のモンスターがまた一声上げた。


4歳の男の子の動きは、2歳のうちの娘がかなうわけはなく、

すぐに見失ってしまっていた。


また4歳の男の子が現れて、また追いかけて、また見失って、、、

そんな繰り返しの中、なんとなく他の子供たちも一緒になって戯れた。


ほっとしたのも束の間、

輪の中に入った娘を私はハラハラしながら眺めていた。


一人の女の子がシャボン玉を持ってた。

その周りに子供たちがシャボン玉を触って遊んでいた。


娘は、英語に慣れていない。

私と話しているから、日本語ばかりだ。

日本語で、この子たちに話しかけたらどうなるのだろうか?


そんな心配をよそに、娘は、黙ってじっと周りの子供たちの会話を聞いていた。

子供たちの会話に対等に話せない娘は、

急に自分がいつもやっている踊りを踊り始めた。


私たち大人はそれを見て「わー!」と喜ぶ。

でも、他の子供たちは、そんな日本のYouTubeの子供番組なんて見ないから

そんな踊りは知ったこっちゃない。


また、娘の意図は空振りをした。


ちくり。

私の中のモンスターがまた、一声悲しいこえをあげた。




それ以上に私は気がかりなことがあった。


さっき、娘は2回目のうんこをした。

近くに行くとプーンと匂いがする。

私のミスで、オムツを持ってこなくて、

そのうんこのまま、駐車場まで我慢させて赤ちゃん用のおむつに変えようかと思っていた。


そんな娘が今、お友達に囲まれている。

初めて会うお友達。

お友達と仲良くして遊ぶということを学ぶ大切な瞬間。





その時に彼女はうんこで、みんなの中心にいる。

嫌なことを言われないだろうか?


『こいつ、ウンコくせー』


『こいつ、きたねえ』


『こいつ、何語喋ってんだよ!』


そんな気持ちでハラハラとして、

おむつを十分に持ってこなかった自分に反省を感じ、

大丈夫だろうか?と見守っていた。