top of page

人生はArt です

前回のYouTubeで、「人間には二つの種類がある」というお話をしました。


このお話は、セルフキンハンのクラスでもお話をした内容ですが

多くの人から、個人的に「泣いたー」とか「共感したー」とおっしゃっていただき

嬉しい気持ちでいっぱいです。


私が話したから泣いたというよりも

きっと、真実だって思うから泣けたんだろうなって思っています。


多くの人が、この真実をもとに行動ができたらいいなあって思っています。


さて、

毎週金曜日に出しているYouTubeですが


今回は実は私は使われないだろうって思っていた内容で。


というのも、ただ、さとこちゃんに話をしたいなーって思っていただけで

完全に私的には裏話でした。


録画は、毎回、話し始めた時から撮っているんですけど、

使われないだろうなあーって思いながら話していました。


でも、敏腕編集者のさとこちゃんは、シェアした方がいいって思って

YouTubeとして今回あげてくれました。

見てくださった皆さんにとって、何か心に残ることがあればいいなあって願っています。





そして、今回のYouTube

元々は

さとこちゃんが自分のインスピレーションが間違っていたらどうしようって思ったところから始まったんです。


私自身も昔は思っていた。


直感が間違っていたら、私の直感ってなんやねんって。


そして直感って言いながら、無責任な行動をとる女性も見てきたので

直感ていう言葉って、ちょっと不信感が拭えなかったんですよね。


直感で馬券を買って、大儲けをしたら直感が当たった〜!みたいな。


直感で右に曲がったら、信じられない大富豪と出会った〜とか。


なんか直感に従ったら良いことが起きないと、直感は意味がないって思っていました。



でも、多分だけど直感ってそういうものじゃない。

それは骨盤のワークショップでも最後にお話をしたんですが。


ま、それは置いといて

これがいいなってなんとなく思ったこと。


今回の動画は

さとこちゃんが登録者数が120名を突破したので(ありがとうございます!!!)

Spirit of a Woman の由来をお話ししたらどうかなって


さとこちゃんのインスピレーションを聞いて


「それでいいじゃん。さとこちゃんのインスピレーション通りに」


って言った私の言葉に

さとこちゃんは動揺するところから始まります。


そして、

モナリザの微笑みがどうして人々に何年経っても愛されるかの理由で最後は話が終わるんですけど、

私が「人間はアートである」っていうことを学んだのは、

色んなワークを見て、最終的に7年前に男性のワークを見た時でした。


ある男性が自分の不満をワークのお題として

グループに持ってきていました。


ずっと不満を言い続ける男性に対して


ファシリテーターの男性が「自分を信じているか?」と聞きました。


「自分を信じる?」


そう彼がいうと


ファシリテーターが

「ああ、その不満をマジックで変化できる力が自分にあることを信じられるか?」

って聞いたんです。



「君は不満を言い続ける限り、

 その状況の言いなりで、その状況の奴隷なんだ。

 それを変える力を君は持っているマジシャンなんだよ。


 その自分を信じられるか?」




そして、そこから、ワークは始まりました。


ワークをしていく中で、男性は床に平伏して泣きました。

子供のように泣きじゃくる彼を見た後、

ファシリテーターはその彼に力を与えました。


「君は、闇までしっかりと足を運んだ。

 あとは、自分の光を見るだけだ。光を再び取り戻した君はどんな自分だい?」と。


すると、彼が「パワフル・マジシャン」って自分のことを言いました。


そのあと、その男性に聞きました。

「どういう意味?」って。


そしたら、彼が

「気付いたんだ。不満ばかりを言ってても、何も変わらない。

 でも、僕は、何がきてもその事象を素晴らしいものに変えることが出来る。」と。


そして、ファリシテーターが

「愛はアートなんだ。

 ヒーリングもアートなんだ。


 僕が彼の治すんじゃない。

 僕も彼の方へ向かっていくし、

 彼も自分と向き合うために僕の方へ向かってくる必要があるんだ。


 そこで何が起きるかわからない。

 でも、そこで起きたことは自分が予想もしていなかった素晴らしいアートになるんだよ。


 人生は、自分が予想もしないアートのギフトで一杯なんだ。」



それを聞いて、直感って巷ではいうけど、



直感があってたかどうか


より


直感を受けた時に自分がそれをアートに変えれるか、


そこが一番大切なんだなあって思った時でした。



今まで、当たったとか言っていたのは、ただの受け身マインドにしか過ぎなかったんだなああと。



私は、さとこちゃんは、今までの撮影で100%受け身ではなく、

アートを織りなすように参加をしてきてくれたなあって思っています。


だから、インスピレーションをただ、信じているだけじゃない。

彼女とであれば、素敵なアートが紡げるなあって。


今回のYouTubeも誰かの気づきの役に立ちますように。





モノクロから虹色へ









コメント


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags