Empowerment Birth

赤ちゃんを産んで1ヶ月半の女性がセッションに来てくれました。

彼女は、自宅出産をする予定で、

助産婦さんを雇い

水中出産など希望を膨らませていました。

胎内記憶で有名な池川先生の本を読み、

自宅出産を推奨する吉村先生の本を読み、

心も自然出産・自宅出産に向けて万全でした。

ところが35週に入って、大量出血が始まり緊急搬送で帝王切開で出産でした。

その帝王切開中、

「下半身は麻酔で力が入らない。

 何をされてるんだろう。

 頭は覚醒してるけど、大丈夫かなぁと不安でいっぱいだった。」

そう彼女は、体験のシェアをしてくれました。

続いて

「旦那ちゃんと赤ちゃんを産む行程を一緒にしたかった。

明るいライトの元だと赤ちゃんがびっくりするからって本に書いてあったから、

暗い明かりの中で出産したかった。

自分が神とつながって、陣痛を感じて赤ちゃんが出てくるのを感じたかった。

旦那さんが出産後

赤ちゃんの呼吸の状態が不安定で処置室へ行ってしまって

薬の副作用で体に震えが止まらなくて、一人で不安だった。」

そんな風に、ポツリポツリと彼女がしたかった出産への想いを話してくれました。

そして、自然出産が叶わなかったのは、、、

「傷を見るとわたしが娘を大きいお腹で追いかけたからだろうか。

 自分でよもぎ蒸しをしたからだろうか。

 何か自分が悪いことをしたに違いない。

 そう頭が持ってかれる。

 傷を見るたびにシンドイ。」

そう理由を探しながら、自分を責めてしまう彼女を見ていて、とても辛かった。

だって、自分が妊娠中なことも手伝って、彼女の気持ちには本当に痛いほどわかるから。

多くの人が言うでしょう。

赤ちゃんが無事で何よりよ。

昔だったら母体とも難しかったかもよ。

出産よりも後の子育ての方が長いのだから、出産なんてその一部よ。

元気づけのために、

新しい視点にフォーカスを向けようとこう言ってくれるのだろう。

そんなのわかってる。

でも、でも、でもね、膣から産みたかった。

その彼女のしたかった気持ちを、ねじ伏せることは、どんな高尚な理論も出来ない。

彼女の想いを聞きながら、

ここから彼女の潜在意識はどこに向かいたくて

今日彼女をこのセッションに連れてきたんだろう。

そう、私は思っていました。

インテグレイティッド・ヒーリング(IH)のセッションでは、

このシンドイ状態に置いておかない。

どこの次元に彼女を連れていくのだろうか。。。。

その次元を決めるために、私は質問をしました。

「傷を見るたびにそんな不安な思いに一生なるのってシンドイね。

 これから傷を見るたびに、どうありたいかな?」

「うーん、傷を見るたびに感謝したいかなあ」

その途端、彼女の筋肉がガクンと大きくうなづいて。。。。