You know what is best for you


前回の続き

この胎盤の位置の件で、もしも私が学ばなければイケナイ事があるのだとしたら、

『神様、教えて下さい。』

そう祈りながら、IHのセッションを受けました。

胎盤というお題で、私のセッションは始まりました。

そして、私の目標は、私の胎盤は動くとか、アップするとかそんな事はなく、

「健康にエネルギーを生産する胎盤になります」と言うゴールを選びました。

動いて欲しいのに、潜在意識はそこじゃないんだ。。。。

それでも、セッションは進み、その胎盤に関して、出て来た潜在意識の修正がありました。

それが「世代間に伝わる信念体系」。

この世代間に伝わる信念体系とは、自分の意志ではなく、

親からの刷り込みや社会からの刷り込み、時代からの刷り込みによって、

潜在意識にプログラミングされているというものです。

特にIHで扱う内容は、そのプログラミングが本来の自分の力を失う時に出て来ます。

その私がもっていた信念体系は、

" Do what you are told to"

言われた通りにやりなさい。

確かに。

言われた通りにやるなんて、ずっとしてきた。

○○しなかったら、こうなるよ。

○○でこうなったらどうするの?

そんな恐怖で、自分が本当にしたい事をなかった事にするなんて

学校だって、部活だって、社会だって、メディアだって、至る所にあります。

前回の糖尿の検査だって、この刷り込みによって、やらない私に自動的に罪悪感を感じていました。

言われた通りにしないと、とんでもない事が起こるよ。だから、言われた通りにしなさい。

そのプログラミングの私は、今回のDr.から、言われた事を鵜呑みにしました。

『低位置胎盤で、29週でここなら、ほぼ望みはなく動かないでしょう。

 だから、38週位で帝王切開です。』

そう断言する彼女に私は、心の底からイヤだけど、何も言えませんでした。

だって、潜在意識の中で

言われた通りにしないと、とんでもない事が起こるって、もう決めつけているから。

それしか方法がないんだと諦めました。

でも、一方で、反逆児の私もいて、

その晩にアンドリューに

『アホかもしれないけど、自宅で助産婦もDr.もいない2人っきりのお産はどうかな?』と

言ったほどでした。

眼を丸くするアンドリューにハッとした私。

何を言っているんだろう。。。。

そんな、勢いと思いつきと、誰も分かってくれないなら良いよっていう反逆精神だけで

こんな風に命を扱うなんて。。。。

つまり、相手の言いなりになるか、全く持って相手に言われない所で自分勝手にやる。

今までそんな風にして、後先を考えない中学生の家出のような感じが

代償行為として、やってきたんだとおもいます。

危ないからいっちゃダメよと言われても、無視して大人の眼を盗んでやる、、、みたいな

もちろん、どちらの方法も私にはベストではありません。

自分の心を無視して言いなりになる事も、

言いなりにならない代わりに、反逆精神で突拍子もない行動を起こす事も。

そこで、セッションで新しい信念体系に書き換える事にしました。

私の新しい信念体系は

”私にとって一番のベストは私が知っている”

となりました。

実際に、私の口から出て来た物ではなく、このカードはセッションが始まった時に

インフォメーションとして私へのメッセージとして出て来たんです。