Healing should not be forceful


ヒーリングのツールである、クリスタル。

でも、こんな風に使ったら、私たちは癒されるのではなく傷つくのである。

ヒーリングとは、、、強制されるものではないと言う今回お話です。

あるセッションの後

『もっと何かすごいことが起こるんだと思っていました。

 いず美さんの噂は聞いていたので』

と、仰った方がいらっしゃいました。

ビックリした私。

でも、彼女の気持ちは、すごく良くわかるって思いました。

皮膚が酷かった時、いろんな事が上手くいかなかった時、

[誰かどうにかして!!!]って、私も世界中いろいろなお医者さんやヒーラーと呼ばれる人に助けを求めて飛んでいたから。

でも、どんなにすごい人でも、どんなに凄い人でも治せなかった。

私が自分と向き合って、自分という人生を生きることにコミットするまで

私は治らなかった。

誰かに治してもらおうと思う気持ちがあるときは、治らなかった。

もちろん、

プラクティショナーとしては、どうにかしてあげたいと言う気持ちはあります。

エゴの面で言ったら

『私がなんとかしてあげる!』なんて事も言いたくなっちゃうかもしれません。

でも、私の中にモットーがあります。

ヒーリングを無理やり起こしてはならない。

その人のペースがあり、その人が中心となってヒーリングは起こるべき、、、

と、私は信じています。

私の大好きな本間先生が

『ズーミー、新幹線に乗るように早く癒されたいと思うこともあるだろうけど

 鈍行列車に乗って、じっくり治すことも悪くないよ。』

といった事がありました。

その時は、この私の身体中の痛みが分からないからそう言うのだろうと思って

フラストレーションを抱えながら聞いていました。

でも、今振り返って見て私は、なるほどって思います。

それはこんな経験があったからでした。

私が初めてマチルダに会った初めてのインテグレイティッドヒーリングの講習会を受けた時、私は緑色のキャップをかぶっていました。

その当時の私は、

顔を隠し、人と目を合わせることへの恐怖に怯えて、毎日を過ごしていました。

帽子をかぶることで、皮膚の状態を隠すことと、人目を避けることをしていました。

外から見たら、「その帽子があなたの視野を狭くしているのよ」

と思ったことでしょう。

外から見たら、「そのキャップさえ取れば、あなたの人生は大きく変わるわ」

と思ったことでしょう。

外から見たら、「Izumiが変わるためにはなんとか目を覚まさせてあげたい!」

と思ったことでしょう。

その講習会の途中で、私がトイレで手を洗っているときに、コースの参加者の一人が、

『私があなたの人生を変えてあげるヒントをあげるわ。帽子を脱いで見たら?』

と言いました。

私にとって隠れ家である帽子を取ることは、とても恐怖でしかなかったです。

たかが、帽子、でも、私にとっては命綱でした。

そして、『あなたが言いたいことは、わかるけど、私は脱がない』と伝えると

その参加者の女性は、私の帽子に手をのばし無理矢理、帽子を取ろうとしました。

そして『ほら、視界が明るくなったでしょ?この明るい世界で生きていきなさい!』

と言わんばかりに。

急に入ってきた私の顔を照らす光に私は怯えて、

私は『やめて!!!』と叫んで両手で帽子を引っ張りました。

こんなお岩さんみたいな顔をさらして生きるなんて!!!

そう私の中で羞恥心が一杯になり、彼女に対して憤りを感じました。