自分への自信はカラダから


自分のことを好きになるにはどうしたらいいんだろう?

うまく思い通りに動かないカラダ。

痛みのあるカラダ

気にしないようにできるけど、

そのカラダの中に24時間中いるのだから

気にならないわけがない。

少しずつ自分の身体にぎこちなさを感じて

違和感を感じて

不快感を感じて

そうやって少しずつ自分と離れてしまうことがある。

もしも自分の身体が元気に自由に力強く動けたら、

自分の人生は、どんな風だろうか?

もっと笑っているのだろうか

もっと幸せを感じやすくなるのだろうか

もっと可能性を感じるのだろうか

それらをする自分を愛するのではないだろうか

そんなことを思わせてくれたセッションの一コマです。


ピラティスのセッションにきた一人のムッチャ可愛い女性。


彼女の来た目的は右のお尻の痛み。


産後特に右のお尻が痛くて、それがもっとストレスになるという。


身体に痛みがあることほど、コンスタントにイラつくものはない。


気にしないようにしているそのエネルギーが無駄って思いたくなるほど。


でも、その痛みがときに私たちに大きな気づきをもたらすことがある。


それが

昨日のブログの寝違え(ブログ)は寝違えではないかも


かもしれないし、


私の胃の痛み(ブログ)であったり、娘の斜視事件(ブログ)かもしれない。



彼女の痛みはとってもトリッキーだった。

何かをすると痛みがなくなる。

でも、それを次の時に行おうとすると、痛みがなくならない。


彼女自身の変化は少しずつはあった。

例えば、


出産後、走れなかったけど、ピラティスを始めてから走ることができるようになったり

腹部の筋肉にコネクトできるようになったり。


でも、肝心のお尻の痛みはまだまだあるのである。


ただ、私の中で身体を見ながら身体の筋肉をつなげていくうちに

見えてきたことがあった。

それは、彼女の股関節が捻れることだった。



私の経験から、ねじれが身体のどこかに起きていて、それが癖になっていると

その人のエネルギーがまっすぐに動けないので、痛みが生じる。


とにかくまっすぐにエネルギーが通ることが大前提で

そういう風に身体を動かすようにピラティスはデザインされていると思う。


彼女の股関節のねじれを直すために、


私は、

足の裏から股関節の流れ、

骨盤から上半身、そして腕や首への流れ、

そして、その二つをつなげる運動をずっとずっと毎週してきた。


彼女の本当に自分にコミットして通い続けてくれた。


その28回目、終わりの方で一つのエクササイズの時に

彼女に見えるかたちで私は、言った。


『この右足の膝が、中に入っているの見えるかな?つまり太腿の骨が中に入っているでしょ?』


彼女はまっすぐな目で自分の太腿を見た。


私は続けて言った。


『これをね、まっすぐにエネルギーを通したい。

だから、このかかとと、この足のアーチとを使って、私の手の方にまっすぐと大地を踏みしめながら

股関節につながって、まっすぐとエネルギーを流してみて』


そう伝えると、

彼女の股関節が初めてしっかりとハマり、彼女の骨盤が安定した。

筋肉がつながって彼女は力強くしなやかに動き始めた。


そのハマった瞬間は、きっとピラティスを教えている人ならわかると思う。

それを経験した人ならわかると思う。


もう、たまらないぐらい心の奥底からぐわーあーんと感動の波が北斎ばりに出てくるのだ。


もうなんともいえない。


一瞬空気が止まる感覚。


この瞬間、気持ちいいいいいいいいいい〜!となるのだ。


そして、自分に感動をするのだ。