top of page

ぽっこりお腹や猫背やずっこけ座りの改善に

先週の金曜日にオンラインクラス「臓器編」を行いました。


このクラスは私がとっても力を入れているクラス。


他のクラスもすごく大事な上で

この臓器編については、

多分だけど、やりたくない人が多い。

そして、

効果を理解するのに、説明がとても必要。


大体、腹の中を見せたくないし、見たくもない。


できれば、そこは封印しておきたい場所。


だから、今回臓器をやりますってクラスのお申し込みをした人は、

顔ぶれを見て「マニアックですねー」っていう方々ばかり。


自分の内側を見たくて

自分をより素晴らしいところに持って行きたいって言う感じ?


だからと言って、

クラスに参加をしない人は、自分から逃げている人だ!

と言いたいわけではなく、


世の中で猫背改善、ぽっこりお腹改善、巻き肩改善という内容が

あまりにも、局部対処になっているのが通例なので

体全体を見て直すというアイディアが難しいと思う。


だから、体を作っている人はわかると思うけど、

下腹部に力が入るのは、下腹部を凹ますから入るわけではない。

足の裏が使えて、そこが脚に連動をしたときに、

自然と下腹部に力が入るのだ。


それについて、クラスの中で解説をしたのがこの画像。





ちなみに、ヨガの先生は、ってこの動画の中で言っているけど

もちろん理解して指導している先生もいっぱいいます。


ただ、普通にヨガのクラスを受けにきた生徒は、

ほぼほぼお腹から胸を上に上げることはしないと思う。


むしろできない。


なぜならば、臓器が落ちて邪魔だから。


あとお腹を凹ますのは、気をつけたほうがいいと思っています。

腰痛の原因になっちゃうから。


そして、このクラスを受けたピラティスの

インストラクターをされている女性からのメッセージがこちら。



このあと、

自分で引き上げようと努力しなくてもお腹にしっかり力が入る感じでしょ?

知らないうちに腹に力が入っている感覚でしょ?


と聞きました。


するとこの反応



この感覚をどんどん研ぎ澄ましていくと

下っ腹に力が歩いている時も感じるし、腕を伸ばした時にも感じる。

自分がここにいるって感じになるんです。

そのためには落ちてしまった臓器を上に引き上げることがとても大事で。


するとこんな返信が↓




本当に臓器が上に上がる。

腹に力が入るって興奮することだと思います。

こんなにも自分の体の中にいて幸せなんだって感じるんです。


運動をしていない人にもやってほしいです。

だって、臓器をほぐすということは、

そこにある血流、神経系、リンパ系全てに働きかけるということ。


もしも冷え性なら、きっと血流が悪い詰まりがあるんだと思います。


私は、マヤ文明マッサージでたくさんのお腹を見てきました。

そしてお腹をほぐした後の女性の顔はほんのりとピンク色に染まって

美しく、うっとりする表情になります。


お腹が穏やかだと、顔つきも穏やかになる。

いろんな感情を感じれる体になるから

自分の可能性が大きく広がる感じがするんです。


あなたがあなたらしくあるために。

クラスの動画は、自分軸動画Vol.3 です。

こちらから購入できます。


ぜひ、あなたのお腹も自由に上質な空間でありますように。



次回は、呼吸編。

肋骨を広げて、呼吸を深く深く深くできる体にしていきます。


第4回:枝葉を広げるー肋骨のワーク

11月18日(金)15:00−16:30(カリフォルニア)←サマータイムが終わり時間が変更します。ご注意ください!

11月19日(土)8:00-9:30 (日本)


クラスのお申し込みもこちらからどうぞ



モノクロから虹色へ







Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page