Grow and Glow

前回の続き。


なぜ、Grow and Glowと言う言葉に私が思い入れがあるかと言うと。。。。

(*Grow and GlowはIntegrated Healingの講習会を修了したプラクティショナーを対象にしたオンラインコミュニティです)



ある時、インテグレイティッド・ヒーリングの講習会を終えた帰り道に

ハロウィンの仮装をしている子供たちに会いました。


いつもロスの講習会はハロウィンの日と重なることが多くて

その日も、同じようにハロウィンの衣装を着た家族づれがたくさん歩いていました。


そんな中、

子供達が腕に蛍光の光る輪をはめて歩いていたんです。


中には、それをぐるぐると回しながら歩いている子供もいました。


よくディズニーランドで夜見るなあなんて思いながら

私は車を運転していると、

隣りでマチルダが、うふふふふと笑い始めました。



『どうしたの?』

そう聞くと


『ちょっと思い出したことがあってね。』

そう言って、彼女がこの蛍光の輪っかについて話始めました。



『私の甥がね、言ったのよ。

 ヒーリングって、この蛍光の輪っかみたいだねって。


 どう言うこと?って聞くとね


 彼がこう言ったの。


 ”だってさ、

 こうやって光り輝くためには、

 まず、ブレイクして、その後にかなり振るじゃない?”って。』






ああ、なんて頭がいい子なんだろう。

聞きながら、そう思いました。


私たちは、みんな純粋な魂としてこの世に生まれてくる。(透明の液体の棒)


何かが起きる。

誰か大切なひとを亡くしたり

自分が病気になったり

ハートブレイクしたり

親子関係で揉めたり

兄弟関係で揉めたり


何かしらポキンって心が折れることがある。

(まだ透明の液体の状態だが、ポキンと折ることで自分色に一歩進んだ状態)


そして、

そのブレイクポイントから、

自分の人生のいろんなエリアを揺さぶられて、

自分の生き方を見直してみる。

そこで、今までのようには生きないと言う

揺さぶりもかけられる。

つまり、変化をしていくことを自分にする。(透明の液体を混ぜるようにシェイクする)



すると、

その経験を積んだことで、自分がどう生きたいのか

どう命やお金や時間を使いたいのか、

自分色の人生を生きることになる。(暗闇でも光るいろんな色になる)



このすべての行程を私たちは成長と呼ぶのではないだろうかと。


実際にインテグレイティド・ヒーリングでは、この揺さぶりの部分を

ちゃんと自分のハイヤーセルフなり、自分の心・魂と繋がりながら

セッションを進めていくので、

自分がなりたい色に真っ直ぐに進めるなあって思うんです。


そして、このコミュニティを作ったことで

インテグレイティッド・ヒーリングのコースを取りっぱなしではなく

そこからもっと自分の内側と向き合うように深めていくコミュニティ。


自分と繋がり

人と繋がり

自分のハイヤーセルフ(真我)と繋がる場所。


私があの世に行って神様にあった時、

きっと報告の一つにこのコミュニティについて伝えると思う。


『神様、聞いて。


 あなたからもらった命と体でGrow and Glow と言うコミュニティを作って


 あなたからもらったインテグレイティッド・ヒーリングと言うツールを使って


 いろんな人が自分らしく生きられることをサポートする時間を過ごしたんだよ。


 そして、それがそのコミュニティのメンバーを通じて波及して

 今では、みんなが自分を信じて自分と繋がることが当たり前になるように

 インテグレイティッド・ヒーリングと言う神様のツールも世界中で広めてきたの。


 すんごーく楽しかった!

 いっぱい笑って、いっぱい泣いたし、人と繋がるってこんなに幸せなのかと感じたぜ〜』