Emotional Absent Mom



アンドリューが子供達を連れ出してくれた日はリラックスできるわけじゃない。


溜まった洗濯物もあるし、

クライアントさんが来るまでの間に家を片付けて

食器を洗って、

掃除機をかけて

トイレ掃除をして

新しいタオルを出して、

自分の身形も整えて、

夕ご飯のことを考えながら、自分の昼食も用意する。


本当にバタバタバタと時間が過ぎていくのです。


その中でも、ただやるのではなく、オーディオブックを聞いてます。


イヤフォンを入れながら、ふむふむと聴きながら食器を洗う私。

ほうほうと聴きながら、洗濯物を乾燥機に入れる私。


自分時間を作ろうと頑張っていたけど、

毎日自分に10分間のピラティスをすることを決めたら

なんだかそんなに仰々しく自分時間を取らなくても大丈夫になってきたメンタル。


やっぱり体が強くなっていくと、心も強くなっていくものですなあと独りごちながら

マルチタスクをこなしていく私。


そして夕方になり、アンドリューが帰ってきて、

私は、子供達を車から下ろし、手を洗わせて、抱っこをしながら

「会えなくて寂しかったよ。」

「1日いい時間を過ごしてきたかい?」

と言って、ソファに座って抱きしめる。


何を見てきたの?と聞くと

「オットセイ!」とか「くじら!」と口々に声を高らかに言う彼女たちが

可愛くて顔がほころぶ。


目を真っ直ぐに見つめると次女は照れて、

「ママーママー」と胸によじ登ってきた。


身体中にいつものようにまとわりつく子供たちに笑顔で答える私を見て

アンドリューが「一人時間は楽しかったかい?」と聞いてきた。


「いや、めっちゃ忙しかったんですけど」と言うと


「それにしては、なんか表情がリラックスしているじゃん」と。


そこで

「今日、実はさオーディオブックを聞いて元気でちゃったんだよね」と言った。


「へーどんなオーディオブック?」と聞かれて


「あのね、Emotional absent Mom(感情が欠如した母)っていう本なんだけどさ」

というと


アンドリューが飲んだ水を口から吐き出す勢いで驚いていた。


「君は、なんでそんな本を読むんだよ!全く、そんなに自虐したいのか?」と。


「いや、そうじゃなくてさ、

 その本を聞いていたらね、母親って、Tree of Life なんだって。

 

 母親は大木でさ、


大きな木は、

日陰を作り休息を与え、

実を実らせて栄養を与え、

木に登らせて遊ぶこともさせる存在


なんだって。


それを聴きながらさ、あれ?これ、私全部やっているなあって思ったの。


でね、そのナレーターが言うのよ。

あなたが一番最後に母親の手を繋いだのはいつですか?

母親の体に猿のようによじ登り、ハグをしたのはいつですか?って。


 私は、母親に抱きしめてもらったのって、3歳の時に朝目が覚めたとき。

 それが最後。


あとは、私たちが結婚するときに、境内まで歩くのに、

アメリカはバージンロードは父親だけど、

日本は母親が手をとってくださいって巫女さんに言われたときに、

初めて母親の手を握った感じ。


きっと小さい時は手を繋いでいたのかもしれないけど、私の記憶にはないんだよね。」


と話した。


「で?そのオーディオブックから何を君は得たの?」


何を伝えたいのか、ポイントを聴きたくなる男性の特徴に

だらだらと話したい女性の私は、イラッとしながらも

話をつづけた。



「いやー私って、結構やってるなって思ったのよ。

 大きな木の役割、やってんじゃんって。 

 夜中だって子供が起きたら、ハグしながら寝るし、

 ご飯だってあげるしさ、まずいと言われても作り続けるし

 この子たち、私の体に猿みたいによじ登るでしょ?


 私、母親、やってんじゃんって思ったのよ。」


「君は、ずっと”私は大して母親をやっていない”ってずっと言ってたけど

 そこまで自分ができていないって思っているなんて、知らなかったよ。」


そう言って、アンドリューは笑った。


いやいや、母親っていう職業がよくわからなかった。