Step inside the circle

最近で一番感動した映像を見たよ、

そう言ってアンドリューがシェアしてくれた。

監獄の中の235人の囚人に初めてCompassionateを体感させるというプロジェクトの

クリップムービーだった。

それがこちら

下の写真は、そのムービーのスナップショット。だからクリックしても映像は始まらないのでご注意

以下に、内容を少し日本語で説明しようと思います。

外で大きな輪を作って立っている彼らに

『初めて自分のことについて学ぶ機会』を与えられた。

白人の女性がマイクを持って、その囚人たちに呼びかける。

『あなたの人生の初めの18年の間、家の中の誰か大人が、 

 あなたに対して、暴言を吐いたり、

 あなたを侮辱したり、

 あなたを見下ろしたり、

 あなたを恥ずかしい目に遭わせたりした。

 その経験がある人は、Step into the circle ...(サークルの中に一歩前に)』

映像で見る限り、ほとんどの人が一歩前に進んでいた。

『家の中で、親やその他の大人が、しばしば、本当に何回も

 あなたを押したり、

 あなたを叩いたり、

 あなたをつかんだり、

 あなたに物を投げたりした。

 その経験がある人は、Step into the circle ..』

ほとんどの人が前に足を踏み出し、そのサークルが一つ小さくなった。

『もしも、家の中で親やその他の大人が、しばしば、本当に何回も

 あなたのことをこれでもかっていうぐらいにすごく強く殴ったことで

 あなたの体にその痕が残ったり、怪我をしたりした。

 その経験がある人は、Step into the circle ..』

ザザ。

前に一歩踏み出すたくさんの足の音。

『もしも自分の家族の中で

 誰も自分のことを愛していない。

 もしくは、

 自分なんて重要ではない、スペシャルではないんだ。と感じた人。

 Step into the circle ..』

ザザ。

前に一歩踏み出すたくさんの足の音。

『もしも家族がものすごく貧しい環境の中で生きてた人。

 Step into the circle ..』

Step into the circle ..

Step into the circle ..

Step into the circle ..

Step into the circle ..

そう言って、どんどんとサークルは小さくなって行った。

あんなに大きな円が、どんどんと小さくなり、

目の前に自分と同じ境遇で育った人がいる。

その後、小さなグループでのシェアが始まった。

口々にそれぞれの男性が自分の経験や気づきを話した。