産後直後のわたしのカラダ

『24時間はいずみの元を離れないで』とアンドリューに言い残して

朝5時に帰っていたポーラ達。

長い一日だった。そう言いながら私達は眠りにつきました。

それでも、神経細胞は休まらず、アドレナリンが噴出しているかの様に

赤ちゃんが少し音を出す度に、私達は一斉に飛び起きて

2人の間に寝ている赤ちゃんを覗き込むという瞬間が何度も続きました。

あの日は、寝たのかどうかも覚えていないぐらい。

それでも、ようようと陽が窓から入り込んで来て、私達は起きる事にしました。

『おトイレ、いきたい』

と尿を催した私。

私も赤ちゃんも、2人とも上半身真っ裸のおムツのみの状態。

「よっこらしょういち」

と呑気に自分にかけ声をかけて起き上がり、立ち上がろうとするが、

なかなか起き上がれない。腕で何とか支えても起き上がれない。

それを見たアンドリューが手を差し伸ばし、

彼にカラダを支えてもらって、ようやく起き上がれた始末。

『あれ?なんかカラダがいつもと違う』

起き上がると

出血が多かったせいか、頭が天井に向かった瞬間に、星が飛び、体全体がふらつく。

さて、立ち上がるか、とアンドリューの手を借りて足をベッドからおろした瞬間に

様々なカラダの異変に気付き、パニック。

まっすぐ姿勢が立てにゃーい!

歩くための足の筋肉がにゃーい!

なんとか両足を床につけたものの、

カラダを稲を刈るかの様に前屈みにして、両手を膝につくのが精一杯。

その状態で何とか足を引きずりながらトイレに向かう。

自分のカラダがまっすぐ立たない事、足を動かせない事、めまいが止まらない事

それを見てアンドリューが手を出して誘導してくれるけど

(あーこんなゆっくり歩いてたらおしっこもれちゃう、、、、よおおおおおおおお)

この『よおおおおお』の所で、じゃああああーーーーと、おしっこが漏れた。

人類の進化の図、前から3番目の猿人の格好の私。

『アンドリュー、、、、、!!!!

 うそーん。おしっこもれたーーーー!!!!』

そう伝えたいのに、その声ですら、かすれて出ない。

それは、前日に大声で『うおおおおおお〜』と叫び続けた結果なのだと、

その時に気付いた。

出産ってこんなにカラダがなるまでの「大仕事」なんだ。。。。

私は出産でウーン!といきんだ事で

骨盤底筋群がバカになってしまったんじゃないか??と思うほど、力が入らない。

”人は、骨盤底筋群に力が入らない事でカラダってまっすぐに立たないのだ”

と、驚きつつ、

おしっこを漏らして旦那さんにそれを報告する現実を目の前にして

もっとクラクラして来た私。

どこにでも自分の意志で動けていた私が、

こんなにもカラダが自分の思い通りに使えない事はかなりのショック。

気付いてみれば、

腕もかなり力を入れて22時間の陣痛を乗り越えていたんだろう。

何も掴めない。

歯ブラシですら持てないぐらい。

ダメだ。

そんなグッタリした腕を眺めると、黄土色に変色してた。

人生でこんな土色のを見た事がなかった。

おむつには、定期的に変えないと漏れてくるほどの悪露。

出産て、こんな満身創痍になるんだ。。。。

オムツを替えてもらって、ベッドで途方に暮れていた私に、