Visualization


新月の金曜日。

太陽と月となんかの星が一直線になるパワフルな時だから、

その時に赤ちゃんが来るんじゃないかしら?

そんな風に、卑弥呼の時代の様な神秘的な言葉を沢山頂き

私も満を持しての出産の心持ち。

ああああー下っ腹がまるでキューピーマヨネーズの新品を

一回スクイーズしただけで全部を出そうとするかのごとく

きゅううううううううううううううううううううううう

と締めつけられる感覚がある。

あああああー潮が満ちているのか引いているのか分からないけど、

潮?月?何かの引力によって私の子宮がぁ〜引っ張られルゥう

ベッドに横になる事1時間。

このまま、陣痛に突入か?と思った所で、トイレに駆け込む。

『ああああ、おしるしという血が出てくるのね。そうなのね。』

満を持して、便器を覗き込むけど、そこあるのは、うんち。

ああああー全然思っていたものと違う!!!

『違った〜、アンドリュー。うんこだった〜』

とガックリしてトイレから出て行くと

アンドリューが『ロベルトの誕生日だから電話をしよう!』と言う。

電話でハッピーバースデーを歌うと、照れながらも彼が言った。

『ありがとう。

 ねえ、出産のビジュアリゼーションを一緒にしようよ!』と

ロベルトが提案した。

そして、全員で眼を閉じてロベルトから始まった。

『じゃあ、僕から行くね。

 うーん、僕が今見えるのは、いずみが光に包まれているところ。

 その光がいずみを誘導しながら、赤ちゃんを外へと運んでくれる。

 光の中で、赤ちゃんがカラダからスルリと出て来て、愛に包まれてるんだ。

 いずみを取り巻くチームが全員その瞬間に畏敬の念で一杯になる。

 あああーそんなイメージがわくよ。

 さあ、いずみは???』

それを聞いて、彼の言う内容がカラダ中を取り囲み、ふるふると心が震えました。

『わたしは、、、、、光の筒の中にいる感じ。

 天と私の膣がつながって、そのパイプの中に赤ちゃんがいて、

 スルリと赤ちゃんが出てくるイメージ。天使に囲まれてラッパの中で出てくる感じ。

 神様の元で愛をカラダ中に感じるお産が見える』

そう言うと次にアンドリューが

『僕はコーチとして、父親として、いずみを支えているイメージ。

 そして、赤ちゃんが産まれて来たらキャッチして、

 赤ちゃんの重さを手に感じながら いずみの胸に置くんだ。

 その時にフルに感情をカラダ中で感じている。畏敬の念に包まれて

 ここに父親としていれる喜びを感じている。』

全員のビジュアルを聞いて、目を開けると部屋がワントーン明るくなっていた。

インテグレイティッドヒーリング(IH)のセッションをしてても

よくこういう事がある。

その人のエネルギーが変化すると、セッション後に部屋の明かりが明るくなる事が。

それを体験する度に人間はエネルギー体なんだと、

愛を発電するとこうなるんだと、アインシュタインが云わんとしている事を実感する。

祈りとは本来こういうものなのだろう。

助けて下さい、、、、と言う祈りだけではなく、

きっとこうなる、だから大丈夫という祈り。

実は、お産に対して、あまりイメージが出来なかった私。

未来のビジュアリゼーションと言っても

不安があると不安の引力が強過ぎて、

今までのストーリーにハマって出られない事がある。

未来の想像??そんな事は言うけどさ、、、、

実際に、現実は違う訳だし。

しかも、本当にそっちに行かなかったらどうしよう。

そっちに行けない自分が新たな失敗者の気がして、

信じてバカ見るのがイヤだ。

また裏切られるの、もう耐えられない。

とそうやって、ブレーキを踏み続けて

古いストーリーの中で生き続ける事をしてしまう。