ぐずぐずしているから


アンドリューと一緒に8週間の『Bradly Method®』という出産に向けての準備クラスを取ることにしました。

私たちの家から10分のところにある、バースセンターでのクラス。

何を学ぶのかとても楽しみで、

一緒にこんな風に出産についてアンドリューと8週間も時間を過ごせることが嬉しい。

毎回3時間のクラスで、夜だしかったるくなるかと思いきや、

全くそんなことはなく。

旦那さんや、パートナーのことを『コーチ』と呼ぶらしいです。

確かに、パートナーが同性である場合も最近では多いから、『コーチ』というのは

産婦を支える人という立場の名前としては素敵だなあと感じました。

さて、クラスの中では、

産気づいた女性をどういう風に”コーチ”がサポートするかというのを学美ました。

床に寝転がって、枕で体を支え、コーチが

『You are doing great! 』とか『You are tensed up. You can relax your arms』とか

絶え間なく声がけをしてくれながら、マッサージをして行くのはとても心地よかった。。。。

一番心地よかったのは、仙骨をマッサージされた時。

仙骨にコーチ(アンドリュー)の手が入った時に、

びっくりするほどの安心感を身体中が覚えました。

マヤ文明マッサージで、仙骨を触るけど、

こんな風な気持ちになるんだなあと驚いたほど。

そして、コーチが耳元で

『よく頑張っているね。もう直ぐだよ。この陣痛と言われるのは、Love Hugだよ』

と、さっき先生が言ったことを重複するのだが、

これがまた泣けてくるほど、心地がいい。。。

「俺、頑張る!!!」

という気持ちにさせてくれるんですよね。

さて、そんなほっこりした感じで帰宅をすると、

私の大好きな自宅出産をするなら、

この人!と信頼を築いてたポーラという助産婦さんからメイルが来ていました。

実は、私は、彼女をまだ形式上雇ってはいなかったんです。

一つは、胎盤がまだ2センチ以上ではないこと。

もう一つは、血糖値が高くて140ではないということ。

この二つをクリアにしないと、私は自宅出産を受け入れてもらえないからです。

彼女のメイルで

『今回のサマーは、すでに満員になってしまったの。だからあなたの自宅出産に立ち会うことができないわ。他の人を紹介するから、その方に連絡を取ってみて』

と書かれていました。

目の前で、パタンと扉が閉められた感覚。

呆然としていると、アンドリューがどうした???と。

『ポーラに自宅出産、してもらえなくなっちゃった』

彼なりに、私に違う角度から物事を見るように伝えてくれるものの、

私のショックは隠しきれない。

こういう時は寝るに限るぞ。

そう思って、私は布団につくことにしました。

妊婦で疲れて眠いのも手伝って、

直ぐに眠りについたけど明け方4時にパッと目が覚めました。

なぜかアンドリューも目が覚めたようでした。

私が携帯を片手に気を紛らわそうと、何かを聴こうとしていると、

アンドリューが起きて、私のベッドサイドに立ちました。

『どうした?』

こんな風に彼が起きてあけがたに話して来た事は、今までになかった気がします。

明け方二人とも同じタイミングでおトイレに行きたくて目が覚めても

また二人とも寝に入っていたし、わざわざ私のベッドサイドに来て、どうしたの???なんて聞くことってなかったと。

『うん。。。。なんか、ちょっとナーバスになっている感じがする』

『出産のビデオを昨日見たから???』

『うーん、そうだね。お腹にいる時って、夢を見ている感じだけど、