怒りをあらわにしない事の弊害

毎週火曜日に参加をしているグループミーティングがあります。


そこで、何をするかというと

みんなが今週あった出来事をそれぞれ持ち寄って

その自分の中の不快についてワークをするという事。


それが、悲しみであったり

それが、自分を制限している信じ込みであったり

それが、人間関係の辛さであったり

それが、家族関係のことであったり

それが、自信がない事であったり

それが、妻との関係であったり。


人が生きていれば、なんでやねんって思うことの連続で

それをなんでよ!っていうのではなく、

自分の成長に変えていくっていう場所に参加をしています。


今回は、その中にもう一緒の部屋にいるのがしんどいぐらい怒りを携えている女性がいました。


きっと皆さんも経験したり、見たりしたことないですか?


電車の中で、すごく怒っている人。

そして、その人と同じ車両にいると居心地が悪くて他の車両に行きたくなっちゃう感じ。


まさしく、そんな女性




でした。



結構私自身がいろんなワークをしてきましたし、

どんな感情がきてもそんなに、うろたえないですし

むしろ、しんどいなあ、それが出てきて良かったなあって思うほうですが

今回ばかりは居心地の悪さマックスでした。


あーワークする時に一緒のグループ嫌だなあって思ったほど。

滅多にないけど、もう嫌さマックスでした。


でも、そういう時ほど、なぜかその人と一緒のワークになる。


そして、彼女のワークが始まりました。


グループの中に、強いファシリテーターがいたことも後から考えれば、神の采配♡と思いますが

私は、居心地の悪さをマックスに感じながら、ソファに座って彼女の怒りを聞いていました。


「君は誰に対して怒っているんだ?」


そうファシリテーターが聞くと

「スピリットよ!神よ!そう、彼らに対して怒っているのよ!」と怒鳴り始めました。


「じゃあ、神に対して怒りを見せるのはどうだい。言いたいことを言って見るのはどうかい?」


そうファシリテーターが言った後、彼女は沢山神に訴えました。


「私はナルシストの母親に育てられたことで

 ただでさえ辛いのに!辛い幼少期だった!

 神はいるのか!あんな母親のところに私を送らないで!


 そして、

 私はこんなにも好きなことを仕事にしているのに、どうして金が入ってこない!


 私は、お金がこんなにも必要なのに、今日もスピードチケットを切られた!なぜだ!

 なぜ神は私に痛い目を合わせるんだ!


 しかも、

 私のことを愛するパートナーはどこだ!どこにいるんだ!」


そう泣きながら、大声を出しながら、彼女は目を真っ赤にして怒っていました。



そして、「こんなに頑張っているのに。こんなに自分ができることをしているのに」



そう彼女が言った時、


私は、心が強烈に痛くなりました。


そして、

「ああ、これ、私のワークだ」

「彼女の怒りは、私の中にいる怒りだ」


って思って、彼女のワークを静かに私は眺めながら心の中はヒリヒリ痛かったです。


頑張って報われることもあった。


頑張ることで

母親が嬉しそうだった。

父親が応援してくれた。

先生が褒めてくれた。

仲間が認めてくれた。

そして、

自分が大好きなことに突進できている。



でも