ビバ夜間断乳!

*今回は私の育児記録です。何のためにもなりませぬが、忘備録としてお付き合いくださいませ。




「マジーかよーやばいよー」

私は一人で抱っこ紐に1歳2ヶ月の赤ちゃんを入れて

立ちながら、マツケンサンバのステップを踏み続けた明け方3時。


髪型はマツケンサンバのようにキリッというところとは到底かけ離れた

市中引き回しの刑にあったゴザ右衛門のようなボサボサの状態である。


リズム感のあるステップは重みを増し

「これって新生児の時にしていたことと変わらないじゃんさ」

とブツブツ言いながら、


オレーオレーとマツケンサンバのステップを踏む。


新生児の時と違うのは、

赤ちゃんがその四倍ぐらいの重さになっているという事だ。


最近は離乳食抜群で、体重がさらに重くなっている。


なぜマツケンサンバか。

サンバじゃなければ、気持ちが沈んでしまうではないか。


せめてもの気軽なミュージックとして私の脳から出てきたのがマツケンサンバだ。

私の邦楽にも、アップデートが必要だと感じながらも

マツケンサンバを壊れたレコードのように口ずさむ。


空がうっすらと明るくなるのを部屋の中から感じながら

足が鉛のように重い時アンドリューが登場して『大丈夫か?』と聞いてきた。



ことの始まりは、7時間前。


いつもの如く添い寝添い乳で寝かせようとした時に、赤ちゃんが乳首を噛んだ。

あまりの痛さに、バシ!っと赤ちゃんの背中を叩いて

「痛い!!!!」と叫んだ。


痛くて少しの間、うずくまっていたほど。


「もうあかん。もうオッパイ無いです。

 ママは言ったよね、おっぱい噛んだら無いって。

 この体はママの体じゃ。ママが嫌だから、もうオッパイなし!」


今までは、舐めたらあかんという天童よしみさんの歌を

「噛んだらあ、か、ん〜」と歌っていたものの

今回ばかりはそんな替え歌をする気持ちに余裕がなかった。


そして、夜間断乳に急遽決行したのだ。


と言っても、数日前から

もうそろそろ夜のオッパイやめようよと

打診はしていた。


1歳2ヶ月の彼女は、ただ発音が発達していないがゆえに話せないだけで

本当に私がいうことを理解しているのがありありと感じる。


主張もするし、対等に2歳上の長女と真っ当な喧嘩をする。

長女が叩けば、赤ちゃんはキックし返すし、

長女がキックすれば、すかさず叩き返す。

長女が大きな声を出して威嚇をすれば、、赤ちゃんも負けじと高い声で話す。


だから、おっぱい噛んだらダメ!と怒ったときの彼女の表情は

『やべえ』と顔に書いてあるほどだった。


これは理解している。

いい機会だ。このまま断乳に突入しよう。


そう直感で決めた。


「アンドリュー、今から断乳するぜ。いくよ!」


四六死苦とかかれた学ランを背中に背負うが如く

アンドリューを引き連れて、爆走した。

パラリラーパラリラ


その結果、明け方の3時のマツケンサンバだ。


まあ、後3時間の我慢よ。

そしたら朝が来る、そして1日目の夜間断乳が終わる。

残りは後2日。

そう心の中で自分に言い聞かせながら、時間がただ過ぎるのを待った。


断乳は

ほとんどの先輩ママが3日我慢したら子供は新しいルールに順応する!と教えてもらっていたので

3日間と神様と約束をした。


マツケンサンバのオレ!が終わったぐらいで

ちょうどよく赤ちゃんは寝た。


抱っこ紐をしたまま、私は布団に入って仰向けで寝た。

背中のクリップが当たって痛い。でもこれを外して起きてまたマツケンサンバ2に行く気はなかった。

そのまま私は娘を抱えて寝落ちしたのだ。



(*腰が痛いという私の前をしながら歩く次女)


二日目の晩。

四六死苦むなしく、私は出来ないとアンドリューに告げた。


身体中が痛い。


骨が痛い。

風邪をひいて熱が出たか?このご時世に!と思ったほど

もうカラダが睡眠不足と昼間一日中外に子供を連れ出したことで