パパが帰ってこない日

今年のアンドリューの気合の入れようは、付き合って初めて見る姿だった。


クリスマスを祝わない彼が


娘を連れて、クリスマス用の木を買いに出かけ

オーナメントに数万円をつぎ込み

クリスマスライトを鼻歌を歌いながら飾り付け

クリスマスツリーの下にたくさんのプレゼントを包んで置いていた。





私、初めてもらったクリスマスプレゼント、ブランケットですけど。

しかもコスコで買ったやつ。

しかもその後、犬のために使われたやつ。


ま、こんな風に男を変えるのは、妻ではなく、娘だったか、、、と言いながら

私は毎日キラキラ輝くクリスマスツリーに心を躍らせた。


日に日に娘たちへのプレゼントがクリスマスツリーの下に重ねられ

いよいよ明日はクリスマス・イブである。


ところがどっこい、昨日の晩、アンドリューから連絡があった。


『コロナの患者さんを見た』と言うことだった。


そんなもん、病院で働いているから何度も聞いていたし

定期的に受けているコロナのテストで陰性だったから、

大丈夫だろうと思っていた。


それが、『ホテルを借りて、今晩はそこに泊まろうと思う』と言うのだ。


ええええームッチャ大袈裟やん。

って言うか、私一人で大変やん。


まだまだ赤ちゃんは夜中2時間おき、大変な時は1時間おきで目が覚める。

その間、ずっと乳は出しっぱなしの、吸われっぱなしだ。


なんとか彼女が起きる4時か5時に赤ちゃんをアンドリューにバトンタッチして

私は、開放されて寝る。6時になり、長女が目を覚まし、また『まま、おっぱい』と言う声で

Tシャツの裾をめくり、乳を出し吸われながら意識が飛ぶ。


7時ぐらいになって、『いっぱい飲んだ』と言う娘は一階のアンドリューのところへ遊びに行く。

ここから8時までが私の熟睡時間だ。

出がらしのおっぱいをエチケットとしてTシャツの中に納め、

ああああああーーーーーと言いながら、伸びをして、眠る。


多分、熟睡できているこの1時間で私の体力はもっているもんだ。


それがアンドリューがホテル住まいとなると、、、、睡眠時間ないやん。


アンドリューまた大袈裟なこと、言ってるんだろう。


そう思っていた。


アンドリューがいない朝は、本当に大変だ。

娘たちの愛情を求める場所が私のみになる。


泣き声がけたたましく、東と西で聞こえる。

右往左往しながら、

『私は、あんたたちの奴隷じゃないんだからね!』と最後に叫ぶ私。


すると東軍と西軍がそろそろと私に近づいてくる。


『頼むよ。力合わせていくよ』


そんな風にして過ごした朝だった。


娘たちを公園に下ろしてすぐにアンドリューに電話をすると、

家に荷物を取りに行きたいと言う。


話を聞いてみると、


『小さな独房のような場所にコロナの陽性反応がある患者さんを2時間つきっきりで見る必要があっ た。


マスクをとって、水を飲んだり、電話をしたりする必要がある中で、

彼はその部屋をさることができずずっといたのだと言う。


もちろん、コロナ対策の防具を着てマスクをしてフェイスシールドもしていた。

対策はもちろんした。

でも、考えてみて欲しい。


コロナの患者さんと2時間ずっと一緒に小さな部屋に隔離されて過ごした後

君は、その体で本当に100%大丈夫だと言って小さな赤ちゃんの横になんの構いもなく寝れるか?


昨日も、手術が終わって、酸素マスクをつける必要がある患者さんは

もう酸素の呼吸器がないからと、ICUに入れず普通の部屋で呼吸器なしで過ごさせられたんだ。


目の前でコロナで死んでいく人も何人も見た。

これはリアルなんだよ。


だから、このウィルスを持って帰宅は僕はできないよ。


家族の安全が僕にとっては一番大事なのだから。』




そう話した。


親友が言った。


僕はコロナのワクチンは打てないんだ。呼吸器が弱くて、ぜんそくを持っているから。