top of page

インテグレイティッド・ヒーリング(IH)講習会終了




今年も無事に終了しました。

モジュール1-3まで駆け抜けた美しい時間。


自分の内側を見るだけじゃない。


もっと確実に自分の居場所を書き換えて

自分がどこに向かうのかを明確にして

今を生きて未来に進んでいく連続。



セッションをする姿を見ながら

そうそう、そうだったと改めてIHの流れの素晴らしさとパワフルさを目にしました。




ずっと思っていたこと

ずっと叶えたかったこと

ずっと否定してきたこと

ずっとずっと手に入れたかったけど無理だと諦めてたこと。


そんな色んな自分を 「ほら、これじゃん」 ってそっと見させられるんです。






そのパワフルさに 泣き笑い驚き、安心する生徒さんたち。



ずっと言って欲しかった言葉を受け取ると

私たちは、ガラガラと心に張っていた盾が崩れていく感じがします。


そう、それをずっとずっと待っていた。

そんな風にいうかのように



生徒さんたちを見ていて


人は自分の力を取り戻すと パワフルな存在に変わっていくのだと 毎回、その美しさにため息が出ます。



この講習会では、本当に自分のチャレンジな部分が出てきます。


誰かが巧妙に仕組んだかのように。


普段の生活であれば、きっと見過ごして、他のことで気を取られて見ないように出来たとしても


ここでは、パーフェクトなタイミングで

絶対に逃げることが不可能な形でそれを見せつけられます。



自分の思い込み、

自分のつまづきポイントを手放して


もっと自分が軽くなる方向へと背中を押してもらえるんです。


そういう経験をすると、しかも一緒にいる仲間と一緒にすると

ああ、世界は私に対していつも優しくサポートをしようとしてくれていたんだと

気づくことができます。



ずっとずっと自分に対して攻撃的で、台風のように立ち向かってくる困難だと思っていた事が

なんだ、違ったんだ。


そうハッと気づくんです。


一人じゃなかったと。




自分は世界から愛されていたんだと気づく時、

心の中に平安が訪れて、ああ、他の人にも愛を分けたくなります。



私は女性は、そのままだと生身の果実だと思っています。


少し傷が入ると

そこから腐り始めます。


梨のようにデロデロに全部が腐る場合もあれば


りんごのように、一部だけが腐っているように見えて、

他の白い部分は大丈夫かと思いきや、白い部分も結局腐ってる味がする場合もあれば


みかんのように、そのカビが他のみかんにも伝染する場合もあります。



女性に傷がつくと、

本当は甘くてみずみずしくて、いろんな人を幸せな気分にする存在が

腐って、他にもそれを蔓延らせる結果になります。



ヒステリーになったり

いじめが始まったり

他人との間に優劣をつけてみたり

男性を軽視したり。




でも、どこかでその傷を歴史に変えて、金箔を貼って、

その傷と自分の間に新しい調和を生み出した時


私は、女性本来が持つ美しさに深みを伴って、到達すると思っています。


腐った果実のままにするか、

美しい金継ぎの陶器として自分を扱うか。


私は、このI Hの講習会を教えさせていただきながら

金継ぎ師を輩出している気持ちでいます。


そのまま腐らなくていい。

あなたの傷は、きっとあなたの中で調和を生み出し、あなたという人間をより美しく輝かせるから。



今年も、素敵な講習会で終わりました。


来年もこのクラスの開催が楽しみです。






モノクロから虹色へ







댓글


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page