My Small Precious Uterus


今回は骨盤に入っている緊張や衝撃を取り除くクラスをしました。






骨盤底筋と呼ばれる部位をワークすることで

尿もれを改善できますということをよく聞きますが、


私の自分の経験と、クライアントさんをみてきた経験では

骨盤底筋をよく熟知したプロに見ていただく限り

自分でする人は、どんどん悪化をする傾向がありました。


その理由としては、

骨盤底筋という筋肉が最適な空間に存在していないからということがあります。


骨盤底筋を稼働させたければ、骨盤の骨を最適な位置に戻すことが

最初の条件になると考えています。


では、その骨盤が歪む理由は色々とありますが

ボディーワーク界でよく聞くのは、

『骨盤内にいろいろな感情やトラウマをためている』 という説。


これは、ヤムナ本人も講習会の中で言っていました。

私もそれは同感です。 では、そのトラウマを一つずつ振り返って取り除いていくというのも

きっと一つの手法なのだと思います。

ただ、私はもしもそこで学ぶことがない場合以外は

骨盤を元の状態に戻してあげることが一番体のためにやってあげることなのだと考えています。


骨盤の中に入っている色々なものを外に排出させて

もう一度骨盤が自由に柔軟性を取り戻した状態にしてあげる。

本来の体ってこんなに自由で柔らかくて動きやすくて

グラウンディングができているんだよ。


そうすると過去のいろいろなことよりも、

ああ私のポテンシャルはここにあったのかと新しい自分で生きていくことができる。


もしも過去の自分で学ぶことがあったら

また出てくるはずだから。


そんな思いで行っている

オンラインクラス。



そんな前回(足)と今回(骨盤)の両方のクラスを受講された

一人の子宮筋腫の手術をされた女性からの感想メッセージです。


マヤのシャーマンがいう言葉を思い出します。

もしも君が病気の前の状態に戻りたいと思うのであれば きっと君の病気は治らないよ。 その代わり、君が病気になる前よりも元気で美しい世界に行きたいと思うのであれば、きっと病気は君へのメッセージを終えて去っていくだろう

と。

彼女がその姿を見せてくれて私はとても感動したので 彼女の許可をいただいてのシェアです。


↓↓↓↓こちら↓↓↓↓


(前文省略)

術後に治療した映像を先生が見せてくださり、私初めて自分の子宮、卵巣、卵管を見ました。


感動しました…


なんて小さな小さな臓器が、私の女性性を司っているんだろう…涙


私は向き合ってきたつもりが、やっぱり日々酷使してしまっていたんだって…


入院している間毎日、ごめんね、ありがとう、

私もう今までみたいに生きないから、大切にするから、

だから、もう少しだけ女性でいられるように機能してください、って。


心の底から思いました。


それから仕事内容も軽くなり、私に嫌な思いをしてきた苦手な女性は離れていき、

私に手を差し伸べてくれる人が助けてくれるような環境に変わりました。


そんな環境に変わって、私の身体もだいぶ変わったと今日のヤムナで感じました。


恥骨、前もも、内もも、外ももには痛みは感じなくて気持ちいい〜〜って思いながらめちゃくちゃリラックス出来たんですが。


一番あぁーーって思ったのは、左足の後ろももの痛み、それから膝下。


後ろももの、感謝。


膝下の、自分の人生を決める。


これがまだ弱いなって実感しました。


感謝しているつもりが、まだ心底繋がっていない自分がまだまだいるのは図星。


自分の人生を決める、これもかなり図星…。


でも、図星だって向き合って納得した自分と繋がれたのもある意味嬉しくて、

そこはこれから少しずつ受け入れて出来るようになりたいな♪って思いました。


ヨガをしている私としては、治療をする事に抵抗があったんです。


闇雲に治療を決めた訳ではなくて、主治医の先生の考えが素晴らしい方だったので決めました。


その先生は、子どもは授かりもので作るものではないという、

キリスト教精神に基づくお考えをお持ちの先生でした。


女性の生き方は多様化しているから、頑張り過ぎて筋腫や内膜症を患う現代女性の悩みに寄り添ってくださる先生でした。