Happy 5th Anniversary

昨日の10月15日は結婚記念日でした。


あっという間の5年で濃厚な5年でした。



男性恐怖症で恋愛から離れてドキドキって何?って思っていた私が、

ドクターパッドのセラピーに通い始めて6ヶ月でアンドリューに出会って、

その6ヶ月後にプロポーズされて

一年半後に結婚式を日本であげて

家を買って

引っ越しをして

その一年後に流産して

その半年後にもう一度授かって

出産して、

その一年後にもう一人授かり

出産して3ヶ月の今。



仲が良いか?

いやいや、結婚記念日の前日なんて濃霧注意報が出るぐらい

お先真っ暗な険悪なムードでした。


先の見えない平行線の話し合い。


でも、翌日になったら、世界のバイオリズムがよかったんちゃう?っていうぐらい

朝起きたら、どうでも良くなって、

ハッピーアニバーサリーってアンドリューが言いました。


アイラブユーって。


『こんなデブでハゲのババアになった私を本当に愛しているの?』


と聞くと(*本当に産後太りが止まらないし、髪の毛が抜けて落ち武者みたいな状態)


大声で笑いながら、

『イエス』

と言ったアンドリュー。


そして、ふと思い返していました。

仲がいいっていうのは、多分、険悪で最悪ムードであっても

なんとか持ち越すことを言うのかもしれない、、、と。


そして、思い出した数ヶ月前の、史上最悪の喧嘩。


僕たちは父親と母親だけじゃなく、夫婦でもありたいと言うアンドリュー。

妻であるが母親になって、旦那さんが妻にとって最優先事項ではなくなったと言う。


そもそも、私自身、アンドリューを二の次にした覚えはない。

ただ、がむしゃらに毎日毎秒、目の前にいる子供のニーズにひたすら答えているだけだ。


そんな私を支えてよと思う。

(十分に支えてくれているものの、足りないと思うほど私の余裕がカツカツなのだ)


アンドリューがイライラしたら、私もイライラする。

お互いのイライラが加速し合う中で、子供達が寝たところで二人で話し合った。


その会話の中で、

『僕はね、子供たちのことが好きだけど、君に対しては、〇〇な気持ちだ』


と言った。

その〇〇という言葉は、私に対して絶対に言ってはいけない卑劣な下品な言葉だった。


女の1番の五感は耳である。

だから、私はその言葉に敏感に反応をした。


『は??』


その時の私の顔はすごく相手を見下し、呆れ、そして嫌悪感満載だっただろう。


男の1番の五感は目である。

だから、その表情にアンドリューは敏感に反応をした。


『は?』


お互いに、メンチの切り合い。

一触即発。



埒が明かない。


距離をおかないと、相手の顔をぶん殴ってしまいそうだ。

アンドリューは、それを察してかなんなのか、少し離れたソファーに座った。


そこで、私は一呼吸置いた。

そういえば、私が会話の方法について悩んでいる時、友人のランディが言ってた。


『いず美、どんな時も愛の場所から言葉を発することに戻るんだ』と。


そして、呼吸をついたあと、私はアンドリューに言った。


『今のあなたの言葉は、私は一生忘れない。

 墓場まで持っていくほどの、卑劣で私を侮辱した言葉だわ。


 この言葉を言ったあなたがにくい。憎々しい。

 でも、そんな気持ちであなたをずっとこの先思っていたくない。


 だから、時間を巻き戻す。

 もう一度、さっきの会話に戻ってやり直しましょう。


 そして、一つお願いがあるの。


 その言葉を使う代わりに、あなたの本音を教えて頂戴。

 さっきの言葉ではない方法で私にあなたの本当の気持ちを教えて。


 はい、さっきの椅子に座り直して』



そう言うと、『オッケ、Fair enough 』


とアンドリューが戻ってきた。