命を使って譲る愛

娘が生まれた晩、

寝ていた犬のジェイミーがむっくりと起き上がって私の周りをウロウロとしていた。

てんかんが始まってから

色々と波があったものの

薬はもう要らないと彼女からメッセージがあったので止めることにした。

てんかんは、薬を飲まないと何度も発症して

脳の細胞を変えていくらしい。

でも、ジェイミーは薬をやめても、てんかんはもう発症しなかった。

ただ、脳の神経にダメージがあるようで、ぐるぐると左回りをしたり

落ち着きなく歩き回ったり、そこら中でおしっことうんちをしてしまったり、

名前を呼んでもどこから声がするのか分からなかったり、聞こえなかったり、

また、1日の大半をずっと寝ていることが多くなった。

そんなジェイミーが出産を終えたばかりの私のところに

起き上がってやってきた。

見えていないのは嘘じゃないか?と思うぐらい

彼女は私の匂いがわかるようだった。

長女と赤ちゃんに気を奪われていた私は、

『ジェミー』と一声かけて、たった今生まれたばかりの赤ちゃんにおっぱいをあげることに気を向けていた。

出産を終え、二階に上がり、布団でゆっくりに入った時には夜がうっすら明けていた。

出産で体力を消耗した私はウトウトしながら昼寝をしていた時

アンドリューが

『ジェイミーが見つからないんだ。

 おしっこのためにジェイミーを裏庭に出しておいたんだけど

 見当たらないんだ。

 この家に3年住んでいるけど、そんなこと一度もしたことがなかったのに。』

そう言って焦って私に伝えてきた。

すぐに私はベッドで寝ながら、筋肉反射テストを使ってジェイミーの場所を調べた。

(すぐ近くにいる。大丈夫。)

彼女のエネルギーをしっかりと感じることができた。

『大丈夫よ。すぐに見つかるわ』

そう言って、焦って探しに出て行ったアンドリューの背中をベッドから眺めていた。

私は今まで何度も筋肉反射テストで探し物を見つけることができていた。

東京ドームぐらいの大きさの公園でなくした車の鍵を

筋肉反射テストで見つけたこともある。

そんな経験から、

筋肉反射テストでジェイミーも見つかると思っていた。

ご飯を届けにきてくれた舞ちゃんもチェックしてくれた。

彼女もインテグレイティド・ヒーリングの仲間で

筋肉反射テストを使う仲間だ。

その私たち二人ともが同じところに反応を感じていた。

大丈夫、大丈夫。

私にはジェイミーのエネルギーを感じれていたから、大丈夫だと信じて疑わなかったが

そのテストとは裏腹にジェイミーは一向に出てこなかった。

見つからない。

5日ぐらい経って、さすがに35度以上の猛暑が続いていたため、

私は心配になってきた。

ジェイミー

お水を飲めているだろうか?

誰かがご飯をくれているだろうか?

そうして7日が過ぎた。

その間、何度もアンドリューはいろんな家のドアを叩いて

庭に入れてもらいジェイミーを探した。

チラシも作って貼りまくった。

筋肉反射テストを使いながら、友達も一緒に探してくれた。

私自身もさすがに心配になり、出産直後のカラダを引きずりながら探した。

絶対に近くにいる。

でも、ジェイミーは出てこなかった。

出てこない選択をしてる感じだった。

そして、赤ちゃんが生まれた1週間後の長女の誕生日の日。

アンドリューは朝、私と赤ちゃんを家に置いて、

まず長女を公園にドロップオフしに行った。

家には私と赤ちゃんだけ。

2歳の長女がいない家は、シーンとしている。

すると、家の至るところからジェイミーの足音と息遣いが聞こえた。

ハッハッと舌べろを出しながら歩き回るジェイミー。

床にカツンカツンと小さくなるジェイミーの爪音。

私は赤ちゃんをだきながら、ようやくジェイミー帰ってきたんだなと思い