Have Faith in Myself

(”時には、プリンセスでありながら、ダースベーダーにならないといけない時もある。” 自分が欲しいものを手に入れる時には、それを阻むものに向き合って解決していく強さを求められることがある。そんな意味で捉えたこの写真。インテグレイティッドヒーリングの創始者のマチルダから送られてきました。) 

メルトダウン(ブログ)して泣いた後、

私は自分にインテグレイティッドヒーリング(IH)のセッションをしていました。

そこで私の体が合わせた周波数は『 Have Faith in myself』 でした。

自分への忠誠心、自分は大丈夫だと心から信じること。

そのために、絶対に犠牲者にはならないと選択をすること。

そして、

その為に、しばしば自分の内側と闘い乗り越えないといけない事があること。

あと、どれ位私は自分にfaithを保てば良いの?と少し天を睨みつけたほどでした。

それでも、自分が失いかけていたfaithを取戻すパワフルなセッションでした。

そして、その翌日に私は、そのfaithを持つ意味が分かりました。

昨日は、ドクターと助産婦の両方の面会がありました。

10時45分からドクターとの面会。

12時45分から助産婦との面会。

この1日で私の出産方法は決まるのだと私にとってはビッグデイでした。

朝、ドクターに会いにいくと、いつも通りアップビートで

『どうよ!』と聞いてくる彼。

朝2つのお産を終えたようで、待合室はギュウギュウだったけど

彼にとっては、そのお産がパワフルだったようでとても陽気な様子。

お腹にエコーを当てて、赤ちゃんの場所をチェックするなかで

『ちゃんと骨盤に収まってる。 

 羊水も十分にある。

 ベイビーの心音も素晴らしくいい!

 VERY VERY GOOD!! 』

そう言う彼に、私はホッとして、

『ドクターキャップ、聞きたいことがあるんだけど、

 私の体って自宅出産をすることって可能かしら?』

そう言うと

ふと顔を見上げて、

『それは助産婦さんと話さないと。

 でも、

 君の胎盤の位置もパーフェクトだし、

 血糖値も問題ないし、自宅出産を希望するならいいじゃないか!!!

 君が一番幸せに感じるお産を選ぶことだ。

 だって、君のお産がこれからの人生に大きな影響を与えるのだと僕は信じているから!』

こんな発言は全くもって想像もしていませんでした。

だからドクターキャップに言ったんです。

『あなたに対して、あなたのところで産むわって言っていたのに、途中で気が変わって

 コロコロ心変わりがするやつだって思ったんじゃないかって。

 忠誠心がないと言うか、、、』

すると、彼が言いました。

『君がもつ忠誠心は自分に対してだけだよ。自分の心に従う忠誠心だけだ。』

『でも、迷ってる。

 私、たくさんのテストに失敗してきたから、次には何に失敗するんだろうって。

 こんな私が自宅で産んで大丈夫なのだろうか?って。』

すると

『君はなにも失敗していない。

 胎盤の位置だって、君が決めたわけじゃない。

 糖尿だって、単純なるチェックだ。

 しかも、君は血糖値が安定している。ちゃんとそのテストに対してだって、 

 コントロールできるほど責任を取っている。

 バクテリアだって、誰だってあることで、それだって君の体のせいじゃない。

 なにも失敗していないし、落第生でもない。

 ちゃんとこうやって、赤ちゃんを立派にお腹の中で育てているじゃないか。

 僕が言えることは、君から素晴らしい美しい赤ちゃんが生まれてくることだよ。

 この赤ちゃんは僕が出産に立ち会った赤ちゃんだと言っても過言ではない。

 いや、僕の赤ちゃんだ。それだけ、いず美と赤ちゃんのベストを願っているし、

 君がそれを選ぶことを信じている。

 今日、ちゃんと助産婦さんと話してくるんだ。

 そして、絆を築いて、その中で産んだら絶対に美しい体験になるよ。 

 もしも、

 彼女の所で産むのであれば、あかちゃんが生まれたら、写真を送ってくれよ。

 きみの決断をまた知らせてくれよ。』

といって泣いている私の肩を抱き寄せてくれました。

ほとんどのDr.が、自分のところでは助産婦にかかるのであれば、見ないと言います。