EYE = I


IHが終わって、数日経ちましたが、

もうあの愛の余韻にまた写真を見る度に浸ってしまいます。

とにかく愛で溢れる14日間を過ごしました。

今回の初日本語のクラスのメンバーは最高のグループでした。

毎日私が愛のエネルギーで癒されちゃう。

一日目はどうなるかと思ったっけ。

エネルギーが重くて、一人一人の素晴らしさは分かっているけど

とにかくエネルギーがヘビー

でも、ドンドンとコースが進むに連れて

沢山の涙を流して、沢山の自分への気付きがあって、沢山のヒーリングが起こり

空間がドンドンと明るくなって行く感じがありました。

もう後半は、愛の渦巻きの中にいて気持ちいいの何者でもなかった感じがします。

しかも通常2日間を3日間に分けて行う為、

一人一人の変化も深く、そして、合宿形式だった事もあり

とにかく愛の渦巻きの大きさが半端なかったです。

マチルダ自身も『こういう子達に私はIHを伝えたいのよ!』と

毎日一人一人のエネルギーを絶賛していた程。

そして、人数も少人数制だったので

一人一人に欠けるマチルダからのエネルギーも大きかったようにみえました。

マチルダからのエネルギーと愛を確かに8日間のコースが2週間近くですから

とにかく生徒さんの上とのつながり方が半端ないです。

さて、この写真の左上の眼鏡をかけた女の子。

彼女は、最後のキャンセルの一枠にぎりぎりで入って来ました。

彼女の事は数年前の子宮のクラスで出逢っていました。

とっても純粋だけど、愛の言葉が浸透して行かない感じ。

つるっつるのうわ滑っていく感じ。

ココロに届かない。

『そんなに辛かった事がないので』とお話をする彼女。

その後ロスにも会いにきてくれて、その時にたまたまIHのデモンストレーションのセッションが

あり、弟のタカくんが選ばれました。

結構深い部分でのヒーリングがその時にあったみたい。

でも、それ以来、音信が無かった私たち。

そして、今回のぎりぎりのお申し込み。

教科書の追加オーダーに走りましたよ。

受け入れを拒否する事も出来たけど、どこかで、彼女にとって大切な事が待っている気がして。

数日経ってから、『私は愛されていない様な気がする』という一人の女の子の発言に

『は?馬鹿じゃないの。みんな、○○ちゃんの事好きに決まっているじゃん』って

その人にとって大切な事、聞きたかった事が素直に本気で出てくる彼女を見て

天使だな〜と眺めていました。

それと同時に、全くもって前回にあっていたときと違う感じを受けました。

覚悟があると言うか、自分と向き合い変わる為に来たと言う感覚。

IHのコースはモジュール1から始まって、モジュール4まであります。

驚く程上手く出来ている流れで、

モジュール2で、みんなの鎧がはがれ始め、自分とつながり始め、

そしてモジュール3からグンと今度は自分の可能性の方につながり始める。

言って見れば、モジュール2までは、泥沼から出てシャワーを浴びる行程。

その後、モジュール3から今度は、さっぱりした身体を今度は本当はこの魂は何をしに

この世界に来たんだ?!とばかりに、ぐんぐんとその人の可能性へ向かって羽ばたく準備。

オリンピック選手のスタート地点まで立たせるような勢いでこの4つのモジュールは

構成されているなぁと感じるのです。

もれなく、彼女もその行程がありました。

彼女の場合は、

彼女を引きずりおろすぐらいの内容の泥沼なのに、その泥が透明すぎて彼女自身が見えていなかった。

だから、自分が泥沼にいたなんて、思ってもいなかった様子。

でも、生きにくい。何かが違う。そんな印象の彼女。

モジュール2で

『今まで傷ついたので、他の人とつながるなんて想像ができません。』

そう話す彼女にマチルダが

『今まで傷ついたのは何人?』と聞きます。

『4人』