親子で学ぶ子宮のクラス−奇跡への切符


Mother & Daughter workshop

この間の日曜日は母の日でした。

かつてからご要望のあった『子供にもこの子宮の話を聞かせたい!』とか

『若い時に知っていれば、、、』と言う内容。

今回はお子様の年齢制限を設定しなかったので、

一番の年齢は先週に生理が始まりましたという11歳の方から一番上のお子様は26歳の方まで

バラエティに飛んだ年齢の親子で参加をして下さいました。

このクラスをするにあたって、

一番伝えたいメッセージは何だろう。。。ってずっと考えていました。

内容としては、

初潮が始まる年齢のお子様達に生理用のナプキンについて、

生理が始まる仕組みやら、

生理中ってどんな事が起こっているのか?とか、

生理の血の色の見分け方でカラダに何が起こっているのかを知ろう!とか、

ナプキンとタンポンの違いって?とか

1ヶ月のうち、女性ッて4つのカオがあるんだよ〜とか

砂糖を取るとカラダの中で何が起こるか知っている?とか。

色々私の中でシェアしたい事がありました。

ただ、、、

私自身が、大人になってから興味をもって勉強した事をシェアすると言う事も

まぁ大事だなと思うんですが、

何かが違うな〜何かが違うんだよな〜って

ずっと胃の斜め下辺りがぐずついている。

おとなの女性が聞きたい事と初潮を迎えたばかりの子が聞きたい事と違う気がする。

つたえたい内容のラインアップはしましたが、

その日にお子様達に会って、何を伝えたいかを感じてから

わたしの引き出しの中からどこを伝えたら良いかを吟味しようと思いました。

英語でクラスを教え始めるものの、ずっとこの子達は本当は何を聞きたいのだろうか?

そのアンテナを張り巡らしながらのクラス。

その中で、お母さんの聞きたいポイントとお子さんの聞きたいポイントの温度差を感じる。

どこだ、どこだ。彼らは今何を感じているんだろう。

そうしながら進んだ時間の中で、私が初潮の経験を話し始めたときの事でした。

そして、みんなはどうだったかと聞くと、

"I am scared. All of the sudden I saw Blood on my pants. Friends are gossipping me. "

怖かった。突然血がパンツについているんだもん。友達が私の状態を他の子にひそひそ話し始めて、、、、

" I don't want to be an adult. I wanna be kid forever"

" 私、大人になりたくないわ。ずっと子供のままでいたい”

徐々にそんな話をし始めました。

 彼女達の話に耳を傾けながら

『あーそうか、彼女達にとってタンポンやナプキンの害なんてそこまで重要ではないんだ。

単純にこの”変化”に戸惑っているんだ。』

そりゃ、そうだ。

ある日、突然、パンツに血が付いていたらビックリするのは当たり前だ。

いきなり、血が出たかと思ったら今度は太い綿をパンツに引けという。