感情の噴火

目の下が痒くなってきた。


その瞬間、私の中でパニックが起きた。


やばい、これは、いつものあれだ。


いつものアレとは、目の下が痒くなり始めると、

そこから数日内に顔中の皮膚が晴れ始めると言うやつだ。


あと一週間で日本に行くのに、

子供たちもいるのに

久しぶりに親に会えるのに

友達にも仲間にも会えるのに


こんな顔が腫れた状態で楽しめない。

しかも暑いからきっと悪化する。

ずっと布団で寝たきりにはなれない。



どうしよう、どうしよう、どうしよう、どうしよう。



そんな思いがぐるぐると心と身体中を覆って

私はパニックになりました。



アンドリューに「どうしよう。顔が腫れ始めるかもしれない」


そう言うと、彼は「リラックスしないと、もっと悪化するよ」と月並みなアドバイスをしました。



そうだ、そうだ、ここで落ち着かないと。


そう言い聞かせて、この不安を封じ込めようとしました。

私は、大丈夫と言い聞かせて、なだめて、何事もなかったかのように

私は振舞いました。