Mother Shower

先週の日曜日に行ったビッグプロジェクト:マザーシャワー


大切なお友達のために企画した『母になる儀式』


この企画をして、

たくさんリハーサルをして、

たくさん愛と涙の想像をして、

たくさん祝福を受ける大切なお友達の姿を心に描いて、


母親となる心の準備と彼女の新しい扉を進む力強い姿を信じて。


待ちに待ったこの日。


彼女が妊娠をしたと聞いたときは、天井に両手がつくほど飛び上がり喜びました。

とっても仕事が好きで、天職についてる彼女にとって

子供を生み母親になるという選択はしない雰囲気が漂っていたから。


もちろん、どんな選択も素晴らしい。


その上で、彼女が妊娠をして出産をするという決意をした時に

理由なく私は喜びを感じました。


そして、すぐに私の中では

彼女に母親の儀式=マザーシャワーをしたいという気持ちが湧き上がってきました。


私も、長女が生まれる前にしてもらったマザーシャワー。

その空間がとても愛に溢れて、涙でいっぱいで

参加した女性の顔を見た瞬間に私は喉仏が熱くなったんです。


その時間はマジカルで、絶対に死ぬ前に走馬灯で出てくるシーンの一つだと思っています。


結婚式をした時いろいろな人に私の決意を見てもらったことで

結婚でチャレンジがあった時に、あの時に多くの人に祝福してもらった自分を思い出し

ああ、このエゴではなく、あの時の自分に戻ろうと思えます。


それと同じように、マザーシャワーでは

誰かが自分が母親になる姿を見てくれるという思い出で

自分が母親として、チャレンジングな時間に直面した時に

あのマザーシャワーに参加してくれた人の顔が思い浮かぶんです。


では、そのシャワーのなにがそんなに感動をしたのか?というと。


女性という動物は、ハートという心臓とは別の目に見えない臓器があります。


心のど真ん中に。


そのハートが、オープンになるとそのハートの中に入っている魂というのが震えます。


神社がたまにしかその扉を開いて神様に会えないように。


そして、その扉を開く日がとても特別な日であるように。



ただし、その扉が開くには条件があります。


その瞬間と、その空間が、「神聖」であること。


そのときだけ、扉が開いて、魂が震えます。



オリンピックで感動をするとき、

コンサートで感動をするとき

そこにいるアスリートやアーティストが

上と繋がって行動している姿を見て

その瞬間と空間が神聖だから私たちは感動をします。


人のあり方が、神聖だから。


では、この儀式で、どう神聖さを作り出すのか?


それは、日本でもアメリカンインディアンの儀式でも見られるように

東西南北から、スピリットを呼ぶのです。


例えば、西のスピリットは変容のスピリット。

ここに君臨する動物は、蝶。

小さな存在から、サナギになり皮を破り、美しい蝶となって羽ばたく。

この蝶の変容のスピリットを呼ぶ。


なんていう風にしている儀式もあります。


私は、今回、彼女のことを考えてオリジナルの東西南北のスピリットを呼びました。

いや、オリジナルというより、

私が女性についてたくさんの勉強をし、経験をしていく中で

大切にしているものをスピリットとして呼ぶことにしました。


でも、

スピリチュアルではない彼女のことを考えると

そこに呼ばれる友達は引いちゃうかしら?


そんな懸念をしたものの、


私の中で

「神聖な空間で、彼女と美しい魂が震える時間を過ごしたい。

 そして、私たち女性はこういう風につながる中で祝福の気持ちとサポートを十分に彼女に渡したい。」


という気持ちは強く、

彼女も私に任せたっていうし、

私が信じることをやらさせてもらおう


と思い、スピリットを呼ぶところから、儀式を始めました。



空間を神聖な場所に作った後、

そこにいる一人一人の魂がどれだけ彼女に貢献しているかを感じてもらいました。

ここの内容から、もう涙が止まらない。


それを見ながら、私は魂がプルプルと震え始めました。


そして、母親になる覚悟として、盃に特別なジュースを入れ

そのジュースがなぜその味なのかの意味を伝え、彼女に飲んでもらいました。