Red Tentに参加して


9月の頭にレッドテントのイベントに参加をしてきました。

レッドテントについては、

ネイティヴアメリカンの女性たちが生理の間、そのテントで共にすごし、

情報を交換し合い、年長の女性から若い女性に知恵が授けられた場所と聞いていました。

私の子宮のクラスも言って見れば、レッドテントのようなもの。

女性が自分のカラダを知り、他人と心を分かち合い、カラダを癒していく場所。

いつもそう言う場所って美しいなって感じる。心が温かくなる。

さて、昼12時から始まったイベント。

到着するとまず『レッドテントで話したい?』と聞かれました。

『心が温かくなった経験』

『心が痛かった経験』

のどちらかをお話ししてとのこと。

私は、自分の出産は心がすごくあったかくなる経験だったのでそちらを希望しました。

さて、イベントが始まってみると

私以外、誰も「心が温かくなった経験のお話」が出て来ませんでした。

出てくるお話は、どれだけ自分の出産経験が悔しかったか、というお話のみでした。

『私ね、ここに癒されにきたの。

 私の出産があまりにも辛くて、悔しくて、悲しくて』

イベントが始まる前に出会った彼女は、すでに目を真っ赤にしながら

お話をしてくれました。

『私は不妊治療で一人授かりました。

 そして、一人めが3歳になった時、あと、受精卵が2つ残っていました。

 パートナーが今度は産むと決めてお腹に入れましたが、

 その受精卵は着床できなかったの。

 年齢的にも経済的にも私たちは、覚悟を求められました。

 パートナーがもう一度赤ちゃんを着床できるかに賭けるか

 一度成功している私の体に着床を賭けるか。

 そして、私たちはわたしの体に着床を試みて、成功して

 今、わたしの手元に赤ちゃんがいます。

 ただ、自宅出産を希望していたけど、

 わたしは病院で産むことになったの。

 そして、無痛分娩の薬を

 あまりにも痛くて、

 何の知識もないまま勧められるがままに注射したの。

 子宮口が10センチ開いた時、ドクターが言ったわ。

 プッシュって。

 でも、痛み止めの薬でわたしの下半身は力が入らなかった。

 プッシュって言われても

 どこに力を入れていいのか分からないのよ、その注射の効き目で。

 パニックになったわ。

 一度めと違うんだもの。

 そして、全然体の違うところに力が入って、

 『それじゃダメだ』って何度も言われた。

 でも、分からなくて。

 そして、焦っているうちに、赤ちゃんの心拍が下がってきたの。

 そして、わたしは帝王切開になった。

 目が覚めたら、赤ちゃんがいたの。

 その間の行程は何も知らない。意識がなかったから。

 ハイと渡された赤ちゃんを見て、

 "This is it???”

 って。

 わたしの最後の出産は、こんな形なの???って。

 薬を打たなければ良かったって、後悔している。

 どうして薬を勧めたの?って、医者に対しての怒りもある。

 どうしてパニックな状況で産むことになったの?

 もっとわたしが安心する声をかけてよって、

 その場にいた人たちへの非難の気持ちもある。