Eggs


ここの所、ずっと日本にいる素敵な方にお世話になりながら

(この方についてのご紹介をしたいのですが、また今度!)

日本での講習会の場所を探していました。

色々と探して、ここ良いな〜ッて思ったら問い合わせて、

でも、土日なので埋まっていて。。。。

と言う流れの中、ここ、素敵じゃない〜!って思う所が見つかり

早速連絡を取りました。

7月24日空いています!と。

雰囲気がいい場所。

絶対に参加者のみんなが心地よくココロをオープンに安心して出来る場所を

探していた所見つけた場所。

木を使ったテーブルと外からの光が充分に入って来る場所。(上の写真)

そして、少し日影になった場所もあるから、

クラスの流れや参加者の方の雰囲気で横になってワークも出来ちゃうかも。

心地良さそうな空間。

それを日本でお手伝いしてくれた方に伝えると

排卵のクラスをやる場所の名前が”eggs”って!』

とご指摘。

本当だ〜

なんか、つながりを感じちゃう。排卵クラス楽しみです。お申し込みはこちら

卵と言えば、

最近、わたしの友人であり、セッションを受けてくださった方が妊娠をしました。

『妊娠って、なかなかせーへんなー』って言っていた彼女。

その彼女から『妊娠してん!8週目に入った!』と聞いて天にも昇る気持ちでした。

興奮が止まらない私は、泣けて来て、泣けて来て、良かったねぇ〜と

メッセージの入った電話を握りしめました。

彼女のセッションは、依存から抜け出し、『自分には価値がある』と知る事でした。

そんな彼女が

『一ヶ月、カラダがしんどいのもあるけど、仕事せず、仕事探しもせずダラーッとしていてなんかまた依存で自己嫌悪になりかけてて、しなきゃイケナイ事もあるのに、後回しにしちゃってて、ダメだ−私ってなりそうなの。。。っていうか、なってる』

と。

一度IHで入った目標は潜在意識にきちんと入っているので、

彼女が依存に戻ったと言う事はないです。

ただ、彼女が”ダラーとして”と表現するのは、

彼女の自分に厳しい姿勢からきていると思っています。

妊娠して12週目の胎盤が出来るまで、カラダはプロゲステロンを出し続けながら

卵(もう細胞分裂して卵じゃないけど)の存命をします。

11週目頃に流産される方もいらっしゃいますが、

プロゲステロンが上手く出なくなるという見解もあるようです。

ここで大事なのは、プロゲステロンを知っておく事だなあと。

プロゲステロンは、『ストレス社会にGABA!』という宣伝文句の様に

カラダの中で落ちつく、ゆったりとしたホルモンです。

ただ、彼女の場合は、ちゃきちゃきしないと!と思っているので、

そのゆったり落ちつくを『ダラーッとしている』と表現してしまいます。

プロゲステロンが出ているんだな〜って分かっていれば

ゆったり落ちついて時間を過ごそうとそのホルモンに従って、

ホルモンの波に乗った方が優位です。

それを、『だらっとしてる』と責め始めると、カラダがストレスを感じますね。