肺に起きた奇妙な症状


今日は、栄養のキネシオロジーを頼まれました。

肺の状態がおかしいのだが、どのDr.も分からなくて困っている。

食べる事も出来ず、1ブロック(20mほど)を歩くだけで息が絶えてしまう。

自分がドンドン衰弱していくのが分かる。。。と。

CTスキャンもMRIも何も出てこない、、、と。

でも、カラダがおかしいのだ。肺がおかしいのだと。

栄養キネシオロジーでは自分のカラダが必要としているものを探してそれに対応をしたサプリを探します。

カラダのバイオケミストリーを直していく方法です。

彼女のカラダはカルシウムを選びました。

どれをみてもカルシウムが欲しいと言う。

そして、そのサプリメントをお渡ししました。

ついでにIHをやって欲しい。ココロの面からも見て欲しいと。

彼女の持って来たお題は全部カラダはノーを言います。

そして、カードから一つの言葉が選ばれました。

『勇気を持つ』

彼女が言いました。

『私は、自分が失敗するのが怖いの。』

『私は、自分が普通の人間だって思うのが怖いの』

『私は、誰も自分の事を愛してもらえないのが怖いの』

普通の人間で、何がイケナイのだろうか。

特別な才能を持って、何がイケナイのだろうか。

どっちでも良いのではないだろうか。

失敗するのの何がイケナイのだろうか。

成功するのの何がイケナイのだろうか。

どっちでも良いのではないのだろうか?

本当にその二つが自分が愛される価値があるかどうかに

関わってくるのだろうか。

彼女の思考回路は驚く程、私も分かる。

でも、彼女の潜在意識が言うのは

その恐怖の裏でビビって、

自分の人生を謳歌しないで生きていくのか?

本当にそんな人生で終えていいのか。

そんな彼女が言ったゴールは

“ To get a backbone”

『それよ、どんな意味かは私は分からないけど、それに筋肉が反応をしている』

そう伝えると彼女が言葉を失った。

『知っている、今、私、すごく悲しいわ。

 3年前に私のセラピストに言われた言葉なのよ。

 あなたは、 To get a backbone しなさいって。

 3年も経っちゃった。同じ状態を3年も繰り返しているのね』

意味からして、 To get a backboneとは

自分の本気を出す、自分の本当を出していくという意味の様な感じだ。

彼女は怖いと言っていた。

失敗するかもしれない、笑われるかもしれない、

失望するかもしれない、自分を恥ずかしいと思うかもしれない。

それでも夢中になって自分を出す日々を

情熱と呼ぶのかもしれない。

情熱とは、自分のココロが震え上がること。

恐怖でビビりながらも、やりたい事に向かって奮い立たせる事。。

そんな事を話していた。

彼女の修正は、自己制限の思い込みを手放すことだった。

そう、

結局はこんなちっぽけな頭の中で考えた恥ずかしさに過ぎない。

背中の羽根を取り出して、もう一度、羽ばたいてみたら良い。

勇気がなくて飛べないよりも

勇気を持って飛んでみてから考えたら良い。

backboneとは背骨の事。

なるほど、彼女のカルシウムがなくなっているわけだ。

人は骨で泣くと言う。