羊飼と狼と羊

私は、多くの人から恋の相談を受ける。


その中で、育ちが良い一般的な女性の恋愛を見てて思うことがよくある。


よくあるパターンが

傷を持つ男性を救ってあげたいって思って、

ミイラ取りがミイラになった状態で、傷ついてボロボロになって、私のところにくるパターンである。


こういう自爆行為をBroken Wing Syndromeという。



まあ、ストーリーはこんな感じだ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

悪い狼(傷ついた男の人)がいて、私たち女性(普通に育った)羊を狙っている。

羊飼いの男の子は悪い狼がどんな感じかを知っている。

そして、羊飼いの男の子は、羊たちに言う。


あっちのフェンスを超えたらダメだよ。

あっちには、悪い狼がいるからね。


そして、ある羊は思う。

あっちに行ったらなんか面白そう。

今の生活は、白いモコモコ(愛)に囲まれて平和すぎてつまらないわ。


しかもあの狼の目って、なんか悲しそう。


きっと、悪い人なんてこの世にいないわ。

きっと、私たちのモコモコ(愛)に身を委ねたら、

きっと狼だって、悪さが消えてモコモコになるもの!


私のモコモコで狼の気持ちだって変わるはず!!!


羊飼が寝ている間を見計って、その羊はフェンスを超えて言いました。


『狼さん、狼さん、私のモコモコ見てみて!』


『おおー僕の毛はトゲトゲしているだろう。だから、とっても痛いんだ。

 君のモコモコを触らせておくれよ。』


『うん、イイわよ。』


(あ、なんか痛いかも。チクチクしてる。。。 

 皮膚に刺さって痛い。。。これじゃあ、モコモコが出なくなっちゃう。

 でも、きっとこのモコモコで狼さんの硬い毛も柔なくなるに違いない。

 ちょっと我慢すれば大丈夫。


 皮膚だって、よくなるわ。)


『おお、これは本当にイイ毛皮だ。

 もっともっと、おくれよ。』


『うんいいよ』

(あ、別のところも痛い。でも、大丈夫。きっと狼さんの毛皮は変わるわ)


 『もっともっと、おくれよ。僕の毛皮の尻尾も触らせておくれ』



『うん、いいよ』

(痛い、痛い。血が出てきちゃった。)


『もっともっとおくれよ』


『うん、わかった』

(まだ治っていないところも刺さってきてる。赤くなってただれているのに、気づいてくれないのかな)


『もっとおくれよ』


『う、、ん、、、』

(もう、モコモコ、ないよ。あとは私の目の周りしか残っていない。これが無くなったら、

 私、もう目が見えなくなっちゃう。まだ目が見えるうちに逃げなくちゃ。)



フェンス越しに羊飼は待っていた。


『おおおおおーい!!!お前!何しているんだ!羊よ、こっちにおいで!』


そして、羊飼が抱きしめ、羊は危機一髪のところで命を取り留めた。


他の羊たちに癒され、自分が持っていたモコモコがどう言うものだったかを思い出していく。


ようやく、皮膚のただれも治り、身体中のモコモコが戻ってきた時、

羊は、このモコモコをもう傷つくのは嫌だと、誰ともシェアすることも怖くなってしまった。


そして、どんどんとモコモコが増えて、埃がつき、泥がついて、身体中が真っ黒になっても

羊はモコモコをバリカンで剃ってさっぱりするのを拒否して逃げ回った。



++++++++++++++++++++++++++++++


これらが、育ちのいい女性が

自暴自棄のナルシストの男性にハマり傷つき、

ヒーリングをするパターンである。


これは、私も含め。。。だ。



そこから、拒否して逃げ回っていて、もう恋を5年もしていない、10年していない。

そんな話をよく聞くのだ。



さて、ここからは、私がお勧めしたい先ほどの続きストーリーである。

こんな男性を選んだらいいよっていう私が勝手に作ったお話。



+++++++++++++++++++++++++++++++


ある日、羊毛工場の男性が来た。

そして、優しく話しかける。



『やあ、羊ちゃん。

 あのね、君のモコモコはすごく素敵だなあって思うんだ。


 このモコモコを毛糸っていうものにしてもいいかな?


 毛糸になるとね、それでセーターを作ったり、マフラーを作ったり、手袋を作ったりして

 人々が寒い冬に体を温めることができるんだ。

 その君のモコモコを感謝を持って使わせてもらえるんだ。


 そうすると、君だってさっぱりするし、新しいモコモコが出てきたいと思うんだ。


 それってね、君のモコモコ(愛)で他のいろんな人が嬉しくなるんだ。


 そんな風なモコモコの使い方って、君にとってはどうかな?』



羊は、考えた。

(この人もまた、私のモコモコを利用して痛い思いになるんじゃないかしら?)


ふん。

そう顔を別の方向に向けた。


また翌日、羊毛工場のお兄さんはきて言った。


『君のモコモコはとっても綺麗だよ。

 そのモコモコはいろんな可能性があるんだよ』


羊は考えた。

(私のことを綺麗とか言って。調子のいいことばかり言ってさ!もうその手にはのらないのよ)


また「ふん」ってしてやった。


また翌日も羊毛工場のお兄さんはきた。


『あのさ、君はすごいいいものを持っている。

 でも、その良さをダメにしちゃっているのを知っているかい?

 君は綺麗だ。そして、僕は君の面倒を見るよ。

 そして、君がもっと輝く方法を考えているんだ。』


羊は思った。

(ほんまに、いい加減にしてほしいわ。)


ふんとした途端、もう一言お兄さんが言った。


『君のモコモコをシェアしたことがあって傷ついたって聞いたよ。

 辛かったね。僕は、そのシェアしたいっていう君の真摯な愛の気持ちって美しいなって思うんだ。

 その愛を、君が安心して無理がない形でシェアする方法を僕は提案したいんだ。


 きっと君は愛をシェアするのに、安心を感じていないんだよね。

 僕がその安心を提供するよ。君を守ってあげるよ。

 だから、安心して、君のモコモコをシェアしたいっていう過去に持っていた純粋なその愛の形を

もう一度表現していいんだよ』



羊は、メエメエと声を上げて泣いた。


安心感が欲しかった。

モコモコの生活で私は安心していた。


でも、愛をあげようと思ったら、恐怖と痛みしかなかった。

犠牲の愛しか知らなかった。


そうか、安心しながら愛を渡せることができるんだったら、

それが本来の私に戻れる。


本来の私に戻りたい。。。


そして、そっぽむいていた顔をお兄さんの方に向けて

モコモコをすりすりした。


そして、メエメエと涙を流しながら、

その男性の手に委ねられ、綺麗にシャンプーをしてもらい、

バリカンで優しく剃ってもらった。


『なんて美しい毛なんだろう!!!』

『君のおかげで僕も嬉しいし、他の人がもっと喜ぶよ!ありがとう!』


そんな風に、お兄さんは、ずっとずっと彼女の持つ愛についてどれだけ素晴らしいかを

伝えながら体を触ってくれた。


そのタッチに安心を感じながら、また愛が溢れ出していきたいのが止まらなくなった。


これが愛をシェアするっていうことなのか、、、、


私が狼にしていた愛ってなんだったんだろう。


そう羊は考えながら、フェンスの外を見た。

狼は、ウロウロとしながら、次の獲物を探していた。


私の持っている愛を自分のためだけに使うナルシストな狼。


でも、私は知ってる。

昔、言ってたんだ、羊飼の男の子が。


狼は、自分の群れの中では家族とコミュニティをすごく大切にするって。

狼のスピリットは、

人生の秘密が隠されている

魔法の森深くへと案内している象徴でもあるんだって。


きっとあの家族から離れた一匹狼は

何か心の傷があって、あんなナルシストになっちゃったんだろうな。


あの狼も、自分の傷に気づいて、仲間のところに愛を取り戻しに戻れる日がくるといいな。

私が他の羊たちに癒してもらったように。


さあ、私は

私の持っている愛を感謝し、喜び、素晴らしいと誇りに思ってくれるお兄さんに

私の身を委ねよう。



羊のモコモコはいろんな国の人の体を温めることに使われましたとさ。


おしまい

++++++++++++++++++++++++++++++



多くの女性が、自分の美しさを大切に扱ってくれる人を求めているのだと思う。


私たち女性は、安心を感じないと愛を感じれない動物だから。


そして、自分から湧き出てくる愛をどう使ったらいいのかを学ばないで

自分を傷つける選択をしてしまうことがある。


私、という女性を大切に扱ってくれる「男性」に身を委ねてほしい。


そして、大切なだけではなく、

あなたが持つ愛のパワーを最大限に引き出してくれる男性に出会ってほしい。






え?どこで出会うの?って?


ま、それはまた今度の機会にブログにて。



モノクロから虹色へ



Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square