前駆陣痛の始まり


(*松任谷由実さんのHappy Birthday to You〜ビーナスの誕生のYoutubeビデオ。

   画面をクリックしてみてみて下さい。

  この曲を聴くたびに私は陣痛が楽しみになってくるし、なぜか泣けちゃう。)

先週の明け方3時半。

まだ、胎盤の位置も確認出来ていなかったとき、

今までにない感じで、

ギュウッと下っ腹の辺りが締めつけられる感覚を感じ目が覚めました。

ここ最近、お腹も緩み始めてきて、

いよいよ、クラスで習ったPre-laborというのが始まったのだと感じました。

というのは後から感じた事で

その時その生理痛に近い子宮がギュウってなる感覚になって

すぐにアンドリューを起こしました。

『陣痛が始まるかもしれない。。。』

アンドリューは

前駆陣痛だから、大丈夫。数日続く人もいれば、5週間続く人もいるんだから。』

前駆陣痛を調べてみると、

『前駆陣痛は、子宮の収縮によって起こる間隔が不規則な痛みで、分娩に発展しない陣痛のことをいいます。前駆陣痛の時は、まだ子宮口も開いていない事が多く、初産の場合は本陣痛との境がわからないので不安になります。 そのため偽陣痛とも呼ばれ、本陣痛の予行練習やウォーミングアップといわれています。』

そう言えば、クラスの先生はそう言っていた。。。

と思いだしたもののは

男性に言っても分からんやろって、私はすぐに女性の親友に連絡をしました。

『子宮がギュウってなるんだけど、、、、これって本陣痛始まるかしら?』

親友は『あるある。でも、大丈夫。』と。

それでも、私の中でパニックになる感覚が波の様に寄せて来て

『やばい、カーシートつけてない。

 胎盤の位置が確認出来ていないから、このまま陣痛になったら何?何?

 自然分娩で行っちゃう?それとも、確認出来ていないから帝王切開??

 ッて言うか、Dr.にどう連絡を取れば良いんだっけ?

 やばい、まだ、赤ちゃんのお洋服も全部タンスにしまっていないよ。

 ッて言うか、誰が私の胎盤をカプセルにしてくれるかも決まっていないじゃん!

 あああああああー何も準備ができていない!!』

とオタオタ。

40週になるまで、あと3週間の時間があると、だらだら寝て過ごしていたので

私の中で急にパニックが始まった訳です。

すると親友からLINEが。

『そうやって、慌てさせてお母さんに準備をせまっているんだよ。

 で、準備ができたら、落ちついちゃったりするんだよね〜

 だから、大丈夫』

アンドリューもさっき、同じ事を言っていたが、

出産を経験している友達の言葉が

スッと入ってくる。。。。

大丈夫か?!コーチ!!!!

そして、翌日、Bradly Method®の出産準備クラスに行き、その事をシェアしました。

すると先生が、

『あら、あなた40週まで行けるかしら?』と。

そして、

 『そのパニックになった時に、一番初めにする事はなんだと思う?』

と聞かれて、

『うーん、呼吸をする』

と言ったものの

先生は無視して

『赤ちゃんは出来る限りお腹の中にいたほうがいいわ。

 そしてもしも40週前に出るのであれば、多分、プロテインが足りないのね。

 1時間置きにプロテインを取りなさい。しかも、食べ物からね。

 あなたの感じを聞く限り、お腹がすいているんだと思うわ。

 だから、起き上がって、何かプロテイン、ナッツとかを口にしなさい。

 そして、お水を飲んでまたベッドに寝るのよ。』

ふーん。

なるほどね。

確かにラスト1ヶ月は、赤ちゃんは脳を発達させる時期なので

出来る限りプロテインを取った方が良いとは聞く。

という事で、ウォールナッツを買いにいく。

そして、最近、少しうんちが緩くなって来た私。

やっぱり前駆陣痛の兆候だと思う。ホルモンが変化して来たから。

だって、ほら、生理の時だってうんち緩くなるし。

(後から私の産婦人科医であるDr.キャップにそれは違うと言われたけど)

骨盤もジンジンする。

眠い、眠い、眠い。

集中力がないというか、意識が散漫。

熱い、熱い

骨盤が広がっていく。