幸せの選択


Raise Your Standards and the universe will meet you there

(*あなたの標準値をあげなさい。そしたら、ユニバースはそこを基準に合わせるでしょう)

写真のクリスタルボトルはこちらからどうぞ

今日のヨガのレッスンでは、20歳位の男の子が先生として出て来ました。

クラスに入ると、なんだか女性達が浮き足立っている。

なんじゃ、なんじゃ??

すると、今からラップをしそうなヒップホップ系の男の子が先生として君臨。

へー

そして、クラスが始まると、30年ヨガをやってたヨギーなみの話す内容に驚き。

もう、このギャップに胸がキュンキュン。

Yamuna Body Rolling ®の考案者である、ヤムナがハタヨガのマスタートレーナーだった事から

彼女の視点からのカラダを見てみたくて始めたヨガ。

今日は、完全なるよこしまな気持ちで、マットの上に立っています。

90分のよこしまな気持ちを終えて、

ルンルンに帰った私は、旦那さんに言いました。

『今日、むっちゃ可愛い男の子がヨガの先生やってん。

 もう、魂年齢が186歳位の内容でさー胸がキュンキュンだったのよ。

 タンクトップから出る二の腕が、ゴージャスでね〜あれだったら

 多少の脇の汗が臭くても許すわ〜』

今、こう文字に起こしてみると、なんつー高飛車な言い方をしていたのかしら。

あれだけヒップホップ先生(ヒップホップは教えていないけど)は

『No Judgement』とクラスで連呼していたのに。

さて、

ここのところ、最近のセッションで聞いたセンテンスがずっと頭の中をグルグルとまわっていました。

『あんまり楽しくしていると、よく思われない。』

『幸せになると、うらやましがられて運が下がる』

つまり自分が幸せになると、周りの人に良く思われないから、

自分の幸せにブレーキをかけるというもの。

凄く良く分かる。

妬む気持ちも、妬まれる気持ちも両方とも不快なあれ、知ってる。

妬まれた時のかなり不快な攻撃性も知っている。

ただ、私が今の状態にあるのは、自分が幸せだと言う事を教えてくれたお友達のおかげです。

幸せってこんな感じなんだよって見せてくれた友達のおかげ。

仲良くしているお友達2人が立て続けに、

前の彼氏と別れて、新しい彼氏が出来て、トントン拍子に結婚に入っていった。

そして、二人とその彼氏二人と私の5人で夜ご飯を食べたたびに

すごく愛されている姿をマジマジと見せてくれてた。

ある晩、夢を見た私。

あるビルの外の街路樹で、ホームレスの様にしとしと雨が降っている中、寝ている私。

ふと目が覚めて、友達二人に会いに行こうってそのビルの屋上に登っていく。

ピンポンとすると、中から友達二人が出て来て一緒に寝ようって誘ってくれた。

みんなで川の字になって明るい部屋ですやすや寝る。なんて温かいんだろう。

なんて幸せなんだろう。

そんな夢。泣いて目が覚めた。

現実に目が覚めてから『絶対に今までいたもうあの街路樹の外に戻るもんか!』って

固く自分に誓った。

そして、その数ヶ月後にアンドリューに出会った。

幸せを見せてくれるお友達がいたから、私は自分の行き先を教えてもらったの。

幸せってこういう物だよって見せてくれたから、自分もこんな風になりたいってイメージが出来た。

そこに、妬みとか恨みとかは一切無くて、私もそこに行きたいって純粋に思えた。

そして、アンドリューと出会って、すごく彼女達は喜んでくれた。

そして、私はもっと沢山の幸せなお友達に出会う事になった。

いつも私にインスピレーションをくれる。

私も彼らを追いかけてこんな風な人生を送りたいって思わせてくれる。

身近な人が幸せを満喫しているって、すごくありがたいことだ。