ヒョウ柄にハマって

今日は、どうでもいいことを書こうと思う。


最近、ヒョウ柄にハマっている。

今週はアンドリューの誕生日ということもあり

家族でパームスプリングというところにプチ旅行をしに行ってきた。


温度が100度以上ということで

プールに一日中入って遊ぼうという目論見だった。


プールにハマっている長女のこともあり

アンドリューはウキウキと楽しみにしている様子だった。


だが、こちらまだ出産を終えて10週間しか経ってい身体である。

大丈夫だろうか?と、不安を抱えながらの旅行。


でもプールに入るなら、やっぱり水着。

今までのビキニが入るわけがない。


お腹もタルンタルンのぶるんぶるんだ。


蒟蒻畑のゼリーの方がまだ締まりがある。


今の私に合う水着を買わないといけない。

今、なんだか私はヒョウ柄にハマっている。

これをオバチャン化したのではなく、

きっとヒョウ柄が今年流行るのを先取りしているのだと思うことにしよう。


そして、アマゾンで到着した。

開けてみた瞬間に、こんな大きなはずはない。

XLやん!


と思ったが、着てみてびっくり、ちょうどいい。


はあ、こんなに大きくなったか、私の体よ。


ただ、昔、インテグレイティッド・ヒーリングのセッションで

『自分のカラダのすべてを愛する』というセッションをしてから

どんな体でも私は受け入れる事が容易になってきた。


今回も、でかい体で、やばいなあ、太ってきたなあと思うが

まあ、子供を産むのによく頑張ったよと思う自分もいる。


以前の私だったら、こんな体、恥ずかしくて見せれないわ!

って思って必死で隠していたが、それも今は10段階で行くと2程度かもしれない。



なにはともあれ、私たちはパームスプリングに行った。



バケーションというものの、結局は2歳児と10週の赤ちゃんを連れての旅行である。

プールに入るってなんでしたっけ??っていうぐらい

こんな風に1日の半分が過ぎていく。

ちなみに、これ、二人にお昼寝のおっぱいをあげている状態。

バケーションって、、、


おっぱいを吸われるってこんなにも体力がなくなるのかと

今回二人に吸われることで良く分かった。



それでも、一緒にホテルに泊まった友人の助けを借りて

私にも水着を着てプールに飛び込む瞬間がやってきた。


まあ、楽しい。本当に楽しい。

こんな時間が持てることにヒャッホーイと。


今回のこのプールに入った事で気づいた事が2つある。

尿漏れとか、お風呂から出てきて、ジャーとお水が数分後に出てくる事が一切ない。

前回の出産の後は、もう、そりゃ酷かった。

あ、おしっこが出ると思った5秒後には漏れていた事がしょっちゅうだった。


ああ、私のシモは使い物にならなくなってしまった。。。と本気で頭を抱えたほどだ。


それでもピラティスを再開して、

出産1週間前までピラティスをして、自分の体を整えて

ヤムナボディローリング で骨盤を整えて、呼吸を深くして

最高のお産チームで陣痛に対して全く違う心構えを持って望んだお産。


ああ、こうやって本当は私たちの体は

お産に対してカラダが整え、お産の後にちゃんと休めばこんなにカラダって回復するんだと。


これは大きな収穫でした。

きっとお産の後に飲んでいたポーラの作ったホメオパシーもよかったんだろうなっって。



そして、後ひとつ。

この家族写真を見た時に、むかしのCMを思い出しましたよ。


『ダッダーン、ブルルンブルルン』って言って

ジャングルから出てくる大柄な女性。


なんのCMだったか忘れてしまったけど。


ま、ここからの私のカラダが戻ってくる快進撃をお楽しみあれ。

先々週から始めたピラティス。


って言っても、

ゆっくり戻していく予定ですから、1年後ぐらいかしらん。


って言いながら、帰りの車の中で二人ともギャン泣き。

神経がすり減りながら

チョコレートをボリボリ食べる手が止まらず。。。。





モノクロから虹色へ


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”