Not Deserved かEntitledか

一昨日のこと。

久々の生理で、ぐったりしていると、アンドリューが

「今日は俺が子供たちを連れて1日外に出るから、一人でゆっくりしなよ」と言ってくれた。


ありがたや。


こんなに生理が重いなんて、とここ1ヶ月半を振り返ると

確かに自分が全力疾走をしてきたことが’思い出される。


東海岸に家族全員で旅行に行き、

その間にその後はIHの講習会が4日間あり

そして、

今度は、一人で東海岸に飛んでマザーセレモニーをさせていただき、

帰宅したら、娘の学校での問題が浮上して

その間、夜に起きてオンラインクラスの準備や内容を考えて、

そして、オンラインクラスがスタートし

娘の学校のキャンプに出かける。


その間に、娘の学校や次女のお世話や通常の仕事が入ってくる。


自分で書いていて、息切れをしそうになるわ。


1歳児と3歳児のパワーに対して、これだけのことをよくやってるぜ!と自分で思う。


こう思えるのも、やっぱり女性の体について学んだおかげだと思う。


昔はこれを、「これぐらいみんなやってる」と言って、

ずっとアクセルを踏んでいないと、立ち止まったら死ぬぐらいに思って頑張っていた。


そしたら、子宮筋腫みたいなものが出てきて

生理が不順になって、生理前はひどくむくんで気分が落ち込むようになった。



そういえば、今回、久しぶりにおっぱいが少し張って痛かった。

しかも、アンドリューのちょっとしたことにイラついてた。


例えば、ガーリックで吐息が臭いことにも、腹の底から怒った日があった。


「なんでそんなに臭い吐息なの。」


と言って、怒った後、メソメソ泣いた。


その瞬間は、自分の中では、正当性があったけど

今生理が終わってこのブログを書いていると、ちょっとやばかったね、私。と反省。


やっぱり体はちょっと休もうぜって言ってたんだろうな。


いや、アンドリューの吐息はどうでもいいんだ。

そう、アンドリューが1日外に連れ出してくれた。


そして、今、ここにいるよと写真が送られてきた。





まあ、いいんじゃない?

と思っていると、次女がチョコレート塗れの顔に。





私は、内心、こんなに砂糖を与えて大丈夫か?と思ったが

アンドリューからは

「グルテンと乳製品は入っていないビーガンのアイスクリームだから」


「だから、なんなのよ。安心しろとでも?」

と思いつつ、


(まあ、たまにはいいや)と目を瞑った。



すると、3歳の娘の発言が

「今日は、パパは?パパは学校に迎えにきてくれるの?」と。


明らかに

「ママではなく、パパに、迎えにきて欲しい。だって、私はアイスクリームが食べれるもの」


という娘の言葉にせぬ声が聞こえてくる。大音量で。


「今日は、ママだ」

そういうと明らかにがっかりした顔をする。


もちろん、私だってアイスぐらい買ってあげることはできる。

でも、買わない。


ママに迎えにきて欲しくないと思われたって構やしない。

なぜならば、とてもいいコンビネーションだと思うから。



女性のことを学んでいる過程で「自己肯定感」というのがある。