ああ、赤ちゃん返りーLove me Uniquely


赤ちゃん返りとは聞いていたものの

こんなに凄まじいとは思ってもいなかったですよ。。。

赤ちゃんが家族に入ってダイナミックに家族の形が変化していく中

娘だけではなく、私自身もアップアップしていました。

2歳児が赤ちゃんの真似をして

おしゃぶりをするとか

ハイハイをするとか

そんなレベルの話ではないっす。

『赤ちゃんいらない』

『赤ちゃん、バイバイ』

そんなことを口にする娘。

赤ちゃんが生まれて数日後

夜中に突然目を覚まし、赤ちゃんへの授乳中の私をみて

数日間我慢していた感情が一気に放出するかの如く

天を仰いで泣く姿は

親として本当に切ないです。

『わーん、わーん、赤ちゃんいらない!赤ちゃんいらない!!!』

怒りながら、泣き喚きながら、訴える長女に

授乳中で両手が塞がっている私は何もできず

アンドリューがただただ彼女を抱きしめてる姿を眺めて泣くことしかできませんでした。

そして、その感情のやり場がなくなって、しまいには、赤ちゃんを叩く娘。

その間に見せる彼女の虚な寂しそうな表情。

他のお母さん方に聞くと

『うちはそんなことなかったよ』

という大半の声。

もちろん、そこから『私の何が悪かったのかなあ』と

自問自答にハマるネガティブスパイラル。

なんでもいーよいーよと言っていた私は

何がよくて、何がダメなのかがよくわからない実情。

叩くことは悪いことでも、その叩きたかった理由はよくわかるしという始末。

ああ、このまま長女と次女が仲悪くなったらどうしよう。

そんな風に今の現実から未来を決めつけるのも、ネガティブスパイラルの一つ。

『あなたのあり方が、今後の姉妹のあり方に大いに影響がある。』

教育学部だった私の耳には、

そんな声が大学時代の教授から聞こえて、こだまします。

神様、アンサーを頂戴。

いつも自分が答えが欲しいときには、そう投げかけるんです。

すると数日後に答えの切れ端がやってきました。

赤ちゃんの検診に行った時、

ドクターが教えてくれました。

この本を読むといいわ。。。と。

その本が私にはヒットでした。

それは、こんな内容から始まります。

『兄弟がライバルになる時というのは、

 しばしば、親は理解できません。

 どんな親でも、兄弟には仲良くして欲しいと思うものです。

 ただ、まずは、その子たちの立場に立ってみてください。

 あなたは、旦那さんと結婚生活を楽しんでいました。

 いつも旦那さんは、あなたを優先し、あなたの喜ぶことをいつもしてくれます。

 いつもあなたにアテンションをかけ、あなたに寄り添ってくれます。

 ある日、その旦那さんが、新しい妻を連れてきます。

 自分よりも若くて、可愛くて、華奢で、いかにもヘルプが必要そうです。

 そして、旦那さんが言います。

 ”今日から、この妻も僕にとって大事な妻だから。よろしく。仲良くなってくれよな”

 この若い妻が泣けば、旦那さんは一目散に飛んでいきます。

 この若い妻はいつも旦那さんに抱かれています。

 あなたがハグをして欲しいというと、旦那さんは言います。

 今まで君のことをずっとハグしてきたんだから、十分だろう?と。

 若い妻がアーンしてと言います。