Father's circle &トイレトレーニング


(*手を洗う方法を教えているアンドリュー。ハッピーバースデーの歌をなぜか歌いながら手をゴシゴシするとちょうど20秒らしい)

先週の土曜日のこと。

アンドリューがお風呂に入れてくれるとのことで、

私は娘のお風呂の準備をしていた。

アンドリューは、すでにお風呂に入り娘を待ち、

私は、オムツを取り出して寝巻きの用意をしていた。

うちの浴槽からトイレが見える。

そのトイレの横に、ここ数ヶ月置きっ放しになっていた子供用のトイレトレーニング。

私がトイレに入る時には必ず入って来るので、

尿をする姿も

便をする姿も

両方知ってる娘。

彼女のトイレとは認識しているようで、真似はするが、

実際におしっこもウンチもしたことがない。

だから、単純に椅子と化していた。

そこに、素っ裸になって、今からお風呂に入る彼女が、座ってなにやら真剣な表情をしている。

『ねえ、おしっこしてるの?』

そう聞くと、真剣な顔で

ウンウンと頭を頷いた。

私はいつもこんな真剣な顔をして、排尿をしているのだろうか???と思ったが、

アンドリューに振り向いて、

『なんか、おしっこしてるみたい。。。。』

と言い

二人で、その真実を確かめるべく彼女の動向を見守った。

彼女がさっぱりした顔で風呂桶に入ったアンドリューの方に歩いていくと同時に

私は彼女の座っていたトイレをのぞいてみた。

「おおおおおおおお〜!!!

 アンドリューおしっこできてる!!!」

そう興奮して、私はすぐにトイレットペーパーをくるくると巻き、

彼女のお股に当てて拭いた。

『えらい、えらい!すごいジャーン!!!

 よくやったジャーン!!!』

と何度も頭を撫でた。

娘はえへん、と誇らしそうな顔、プラス、ちょっと照れた顔をしていた。

「トイレトレーニングしていないのに、すごくない??」

そう興奮していうアンドリューにおしっこの入った容器を見せると

体を伸ばして覗いたアンドリューも、ほほぅっと誇りに思う顔をしていた。

この瞬間を夫婦でみれてとても嬉しく思った。

『今日は、私たちみんな、自分を誇らしく思える一日だったね』

そんな風に、私は思った。

私自身、今日のインテグレイティッド・ヒーリング(IH)のセッションは

とっても大きな変容をみさせてもらえて、かすかに興奮を覚えていた。

その場に立ち会えることに、私は感謝の念を持って終わったセッションだった。

そして、アンドリューにとっては、ビッグな企画のある一日だった。

『僕も、いず美が色々な母親の仲間に自分の葛藤などをシェアするように

 父親たちと繋がって話をしたいなあ』

と言い出したのが1月。

そこから、企画を練って、声をかけ始めて、

3月に友人の中で父親であると

『ファーザー’ズ サークル』を結成した。

コロナの件で流れそうだったが、一人の男性が

『アンドリューと二人っきりでもいいから、オンラインでサークルを開こう』

そう言って、3月に5−6人で始まったサークル。

その場を求めている父親の数が多いことを知り、

今回で