Like & Loveが隣り合わせの女性

こういう仕事をしてるからか、

私はいろんな女性からいろんな悩みの連絡をいただく。

自分の悩みを真摯に向き合い、言葉にして伝える彼女たちに

私は愛おしさを覚える。

私が何かを分かっているわけでも

答えを知っているわけでもない。

ただ、私は彼女たちの言葉に耳を傾け、

何か気づきがあるんじゃないかと一緒に考える。

そして、たまに思う。

私たちがじぶんのことをもっと理解していたら、

結果ってたくさん違ってくるんだろうなあと。

だからと言って、私が全てそつなくこなしているわけがないのは

このブログを読んでくれているならお分かりだと思うが。

それでも、多分、私は感情というものがいかに大切なのか、

感情というものがいかに、一生のダメージを与えないために重要なカギとなるかは

知っているので、感情というものを表現することに

絶対に躊躇をしない。

なぜならば、私たち女性は、

不快な感情を感じると、相手のことをdislike になる。

もしも、この不快な感情にワークをしてれば、このdislikeは消えていくし、

それ以上に、不快な感情を持っていた相手に対して、感謝すら感じてしまうことになる。

ただ、このdislikeをワークしないときに、困ったことが起きる。

それは、女性にとって、