Like & Loveが隣り合わせの女性

こういう仕事をしてるからか、

私はいろんな女性からいろんな悩みの連絡をいただく。

自分の悩みを真摯に向き合い、言葉にして伝える彼女たちに

私は愛おしさを覚える。

私が何かを分かっているわけでも

答えを知っているわけでもない。

ただ、私は彼女たちの言葉に耳を傾け、

何か気づきがあるんじゃないかと一緒に考える。

そして、たまに思う。

私たちがじぶんのことをもっと理解していたら、

結果ってたくさん違ってくるんだろうなあと。

だからと言って、私が全てそつなくこなしているわけがないのは

このブログを読んでくれているならお分かりだと思うが。

それでも、多分、私は感情というものがいかに大切なのか、

感情というものがいかに、一生のダメージを与えないために重要なカギとなるかは

知っているので、感情というものを表現することに

絶対に躊躇をしない。

なぜならば、私たち女性は、

不快な感情を感じると、相手のことをdislike になる。

もしも、この不快な感情にワークをしてれば、このdislikeは消えていくし、

それ以上に、不快な感情を持っていた相手に対して、感謝すら感じてしまうことになる。

ただ、このdislikeをワークしないときに、困ったことが起きる。

それは、女性にとって、

dislike と non Loveが 隣り合わせであるということだ。

先日こんな内容のメッセージをいただいた。

*今回のこのメッセージで、Dislike とnon love が一対であるという女性の本能について書いてあるので、全ての離婚なりいざこざが、そういうわけではないことをご了承いただいた上で読んでいただけたら嬉しいです。

『もう、夫とダメです。

 四年前の出来事で私はすごく傷つきました。

 そのあとセラピーに行ったときに、その時のことを話して

 謝ってもらえたけど、それでも許せなくて、触って欲しくなくて。

 そのあとも、何かと不満が出てきて、

 彼のことが信用できないというか、顔も見たくないというか。』

許せないということはよくあることだ。

謝ったからって、許せない。

謝った後に、どれだけの誠意を見せてくれたかで、

ああ、やっぱり私の傷ついた心を本質的に分かっていないんだこの人は、

なんて思うことすらある。

そう感じた瞬間に、女性はサッと引く。心が離れる。

この人のここがイヤ

この人のこの態度がイヤ

そんなイヤは、英語にしたらdislike となる。

女性は、何かdislikeを見つけると、Love できなくなる。

男性は、何かdislikeがあったとしても、Loveできる。

女性は、dislikeな元彼がイヤな目にあっていたら、関係ないと通り過ぎる。

男性は、dislikeな部分があったとしても、元彼女イヤな目にあっていたら、助ける。

だから、女の子の間での、

気にくわないという感情が、その人を愛さない・受け入れない・許さないという行動になりやすいのは、中高生のいじめ問題でよく分かることだろう。

同様に、一昔前の嫁姑問題でも、ドラマは絶えない。

dislikeがあったとしても、

それを話すことができたとしたら、

そして、そこから学ぶことがあるのかもしれない、なんていう見方ができるとしたら

きっと女性のdislikeとnon Loveが常に隣り合わせなことによる本能的な反応(と以前の女性性を理解するクラスで習った)は、少なくなる気がする。

そして、

ほとんどの人が気づいていないが、

たいていの場合、許せないという感情は、

もしかしたら目の前に起こった相手ではなく、

もっともっと、昔の傷からきているかもしれないことが多い。

自分の中にすでに地雷があって、パートナーがそれを踏んでいるに過ぎないことも多々ある。

私の場合は、

言ったことを行動しないアンドリューに頭にくることが、しょっちゅうだった。

もちろん、言ったことを全部やるなんて、私だって無理だ。

でも、ごめんと言って、また言ったことを忘れてやらないアンドリューに

私は常軌を逸するかのように、すごく怒ったことがある。

信頼できない。

嘘つきは嫌い

からの

触りたくもない。

話したくもない。

に発展したことがあった。

はっきり言って、外から見れば、過剰反応だ。

でも、私の中では、真実。

ただ、その『許せない』という感情は

癒しのタイミングだとして、促してくれると今ならわかる。

ワークをしていく中で、

過去の大嘘つきの人によって自分がボロボロになったところに

また光を当てる行程をして上げることをしていく。

ボロボロになった、力を失った自分を再び見るのが怖くて、

私はその影を示すアンドリューの類似した行動に怒りで対応していたのだ。

負け犬の遠吠え

許せないのは、相手のせいではない。

許せないのは、私の選択だった(悔しいけど)。

話が飛んでしまったが、

彼女の話を聞いていると、

離婚するというのは、このdislikeが出てきた結果だったのかもしれない。

そして、そのdislikeをうまく処理できなかったことの連続の結果かもしれないと感じた。

オセロのように、四隅をこのdislikeが捉えた時、

そのオセロの盤は、愛さないという真っ黒の盤に変わる。

だから、女性の場合は、dislikeが出てきた時に

相手に謝ってもらうことで納めるのではなく、

もっともっとそこに光を当てていくことで、

そのdislikeが自分の過去の傷の癒しという、

ゴールドに変わるかもしれない可能性に目を向ける必要がある。

『その過去にされた経験で、何を感じましたか?』

『裏切りです。自分を見捨てた気がしました。』

『そこに置ける彼へのジャッジメントは?』

『ひどい、最低なやつ。私のことを何もわかっていない。』

『そんな気持ちになったら、本当に一緒にいるのも辛いですよね。

 最低で自分のことを分かっていない、

 それ以上に裏切られたり、

 自分を見捨てられる感覚の中で愛するって本当に難しいことだから、

 離れたい気持ちって当たり前だと思います。』

『本当に、苦しいんです。』 『最低で、自分のことを分かってくれなかった、

 自分のことを裏切って見捨てた人って、旦那さんの前に、誰か他にいました?』

『。。。。。。。。。。』

彼女の中で何かカチッと見えたようだ。

『その頃の自分て、多分、今のように泣くしかなかったですよね。

 自分の防衛の仕方も、若くて、初めてでわからなかったし。

 でも、もしも、旦那さんが同じことを経験させてくれているのだとしたら、

 毎回その時の自分を思い出させられるわけですから、しんどいと思います。

 ただ、離婚するにしても、しないにしても、

 自分のパワーを取り戻した状態で同じ状態をハンドルするチャンスに

 してみませんか?』

もしも、その機会を与えてくれる旦那さんに自分でしたら、

きっと彼はソウルメイトになるだろう。離婚しようが、結婚が続こうが。

かと言って、実際に、ソウルメイトの定義を私は知らないが。

でも、自分が成長していく仲間をソウルメイトとも呼べるのだとしたら、

成長するために、自分を癒す覚悟がある。

このdislikeがうまくハンドルできれば

私はこの世からいじめってなくなるんじゃないかと感じている。

だから、そのために、私はいつも女性の感情の声に耳を傾けたいと思う。

そして、私自身も、dislikeが出てきたら、話して、自分のうちに光を当てて

クリアにしていく作業をしていこうと決めている。

私にとって、本当に安心で最適なツールは

インテグレイティッド・ヒーリング(IH)。

目の前の事象がどこからきているかなんて、

自分じゃ、怒りすぎててわからない。

わかったところで、潜在意識にプログラムされているサバイバルモードだったら

もう意識でどうにかしようとしたら、瞑想1000時間ぐらいかかるんちゃうか?

でも、IHだったら潜在意識にアクセスをするから早いなあと思う。

そうやって早く癒すことができるツールがあるって、令和だなあと感じる。

もっともっと癒される人が増えていく世の中になっていくんだろうな。

たくさん、IHをしてきた私は、今、

dislikeな行動をとる人にでも、 Loveを送れるようになった。

「嫌い」と「愛する」は存在するなんて、前は知らなかった。

この解放は、自分にとって大きなギフトだなと思う。

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”