愛を循環させる為に相手の愛を知る

赤ちゃんが、つかまり立ちをするようになって、

食器を洗っている私の足につかまって立つのが、あまりにも可愛いすぎる毎日。

赤ちゃんは、アンドリューと2ヶ月前よりも

もっとコミュニケーションが取れるようになって

二人でよく遊んでいる。

お風呂場、私が料理をしている時、私がマツエクに行っている時など。

赤ちゃんが彼の背中につかまって立ち上がった時、アンドリューがボソッと言った。

『久しぶりにこういう風にスイートに触られたな。この感覚、今、なくて寂しいよ』

あまりの心から自然と出た声だったので、聞いてる私はギクリとした。

毎日の忙しさに、私の何かをしてあげるキャパシティは限界スレスレだった。

それでもその忙しさは、赤ちゃんの可愛さという甘さでコーティングされていた。

そして、アンドリューに対して、私自身が盲目であった感が否めない。

何に対して盲目だったかというと、

アンドリューの【ラブタンク】に対して盲目だったということだ。

【ラブタンク】とは、全員が心に持っているラブを貯めるタンク。