愛を循環させる為に相手の愛を知る

赤ちゃんが、つかまり立ちをするようになって、

食器を洗っている私の足につかまって立つのが、あまりにも可愛いすぎる毎日。

赤ちゃんは、アンドリューと2ヶ月前よりも

もっとコミュニケーションが取れるようになって

二人でよく遊んでいる。

お風呂場、私が料理をしている時、私がマツエクに行っている時など。

赤ちゃんが彼の背中につかまって立ち上がった時、アンドリューがボソッと言った。

『久しぶりにこういう風にスイートに触られたな。この感覚、今、なくて寂しいよ』

あまりの心から自然と出た声だったので、聞いてる私はギクリとした。

毎日の忙しさに、私の何かをしてあげるキャパシティは限界スレスレだった。

それでもその忙しさは、赤ちゃんの可愛さという甘さでコーティングされていた。

そして、アンドリューに対して、私自身が盲目であった感が否めない。

何に対して盲目だったかというと、

アンドリューの【ラブタンク】に対して盲目だったということだ。

【ラブタンク】とは、全員が心に持っているラブを貯めるタンク。

5Love Languageという本を読んだ時に著者が使っていた言葉だ。

この本は私にすごい大きな気づきを与えた。

その本の内容によると、

人の愛情表現は、5つに分かれるという。

また、愛をもらっているという感覚も、その5つに分かれるという。

ある人は、プレゼントをもらうことで『私って愛されている』と思うが、

ある人は、プレゼントをもらっても、愛されているとは感じず、それよりも一緒に時間を過ごしてくれることに愛を感じる。

つまり、愛を送っているのに、愛を受け取れていないという悲しい物語が出てくる。

例えば、お母さんが子供に沢山の美味しいものを与える。愛の表現として。

だって、幼少期に貧しくて、叔母からもらった赤い靴がとても嬉しかったから。

でも、子供は、そんなものじゃなくて、寝る前に絵本を読んでほしい。つまり、物ではなく一緒に時間を過ごすことでお母さんの愛を感じる。

ここに愛の交換ができていない。

親はたっぷりの愛情表現をしているのに、子供は全然受け取っていない。

愛を受け取っていないから、つまり自分が愛だと認知できるものをもらっていないから

タンクの中の愛貯金は、どんどんと減っていく。

言葉通り、愛の枯渇が始まる。

そして、自分と一緒に過ごしてくれるという『愛』を求めて、夜遊びをする。

絵本を読んでほしかった時間に、愛をもらいたいから。

そして母親はパニックになり、どうしてこんなに愛を与えているのに?!と思う。

夜遊びでアルコールにのめり込んだ子供に、またリハビリセンターや、セラピーといったものを与える。愛の表現として。。。。

なあんて例は、多かれ少なかれ教育学部出身の私は耳にしたものだ。

ものを与える母親が悪いわけでも、

夜に絵本を読んでほしいという子供が甘ったれなわけでもない。

どっちも愛を欲し、愛を与えて欲しがっているという両方とも愛に従事しているのだ。

悲しい事は、愛が循環していないという事。

この5Love Languageでは、

相手の欲する(子供の例)、もしくは与えようとしている(母親の例)愛情表現を理解していると、相手との愛の交換がしやすい

ということをお話ししている。

目の前にあるRelationshipにおいて、自分のラブタンクがなくなることが、

私たちが外に愛を求めてしまう理由だと。

それが、夫婦間だったら浮気や不倫。

それが、親子間だったら非行。

それが、友人間だったら疎遠。