インテグレイティッドヒーリング講習会in LA

インテグレイティッドヒーリング(IH)の講習会が始まってもう一週間が経ち、

この日曜日が最終日となります。

今年は私が妊娠出産をしたこともあり、

難しいだろうと思っていたロサンゼルスでの講習会は、

なんと総勢25名の生徒さんが集まり、とても活気にあふれたスタートを切りました。

クラスの初日、マチルダが一人一人に伝えました。

『Share my loveと言ってください』と。

その中で

『Exchange しないのであれば、ラブを与えるのはためらいがある』

というトピックが出てきました。

それを聞きながら自分の過去を振り返って、

自分が好きでも告白してフラれた高校時代の恥ずかしい思いや

自分が仲良くやっていると思っていたのに、たくさん彼のために費やしてきたのに

結局別れることになった辛い思い出や

自分のことを好きだと言われても私自身が相手をそこまで好きになれなかった恋愛や

自分が大好きなお友達が他の子とペアを組んでしまって寂しかったことなど

『愛を与えることで傷ついてきた』ことを思い出して、

そういうのもわかるなあーなんて聞いていました。

するとマチルダが言いました。

『今、あなたが愛を与えたとしましょう。

 そして、私が愛を返さなかったとします。

 それで傷つくとしてもね、

 ここに入って来る30分前には

 もともとあなたは私の愛をもらっていなかったじゃない?

 つまり、もともと私の愛はもらっていなくても、あなたは大丈夫だったじゃない。

 だから、私に愛を与えて、私からもらえなかったとしても、

 あなたは実際に、何も失っていないことに気づくかしら?』

ハッとしましたね。

愛を与えたから傷ついたわけではなく、

愛を与えた見返りを期待して傷ついたと勘違いしているのだ、と。

私は与えた分に対して、見返りを求めてもらえなかったことに嘆いていたんだ。

でも、その見返りなんて、もともとなかった時の私は大丈夫だったのに。

見返りを求めたら、大丈夫じゃない状態に自分で思い込んでしまうのか。 

それ以上に、見返りなんか考えず、自分が相手に愛を与えている時間て

なんて豊かで自分が強い状態になれるのだろうか。

[私がこれだけ与えたら、これだけ頂戴。]

そう考えた瞬間に私の心は貧しくなる。

与えていただけの時にはリッチで強かったのに。

そんな風にして『愛』についてのディスカッションから始まった

濃いインテグレイティッドヒーリングの講習会。

そんなロサンゼルスの講習会も明後日の日曜日で終わります。

講習会中は、生徒さんからのメイルで

たくさんの愛を感じて講習会を受けている様子が伺えています。

明日は私は久しぶりに生徒さんに会います。

初日に比べて、どんな愛のエネルギーに変容したのか、とても楽しみです。

愛について学ぶには最適な場所だなあと毎年思うのです。

自己愛についても、他者愛についても、愛そのものについても。

だから私はマチルダのインテグレイティッドヒーリングの講習会が好きなんだと思います。

色々な人と愛について語ったり、癒したり、成長したり、安心できる場所ですから。

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”