Postpartum Doulaを雇う

前回の続き

グレイシーから紹介された、産後のドゥーラさんのインタビューをしました。

家に来てもらい、彼女と私のエネルギーがマッチするかを確かめる為に。

そして、玄関に現れたのは、とても若い可愛い女性。

インタビューの中で彼女が言いました。

『私の仕事は、ベビーシッターではありません。

 産後のお母さんをケアする役割です。

 もしも、いずみが赤ちゃんを私に見てもらっている間に

 寝たいと言うなら、寝てください。

 もしも、一緒にどこかに出かけたいと言うなら赤ちゃんを連れて

 一緒に出かけます。

 もしも、なにかスナックを作って欲しいと言うなら作ります。

 もしも、赤ちゃんからブレイクが必要だと言うなら、その時間を作ります。

 この産後6か月の神聖なる時期をほとんどのお母さんが

 休む事をせず、赤ちゃんとつながる事よりも”すべき事”に追われて

 大切なこの瞬間をあっという間に終わってしまうの。

 そして、後からもっと密に過ごせば良かったと思う事が多いんです。

 私は、お母さん達に赤ちゃんが自分の生活に入って来た新しい時間の流れを

 スムーズに行く様に、

 そして、

 大切に過ごせる様に力になる為にこの仕事を選びました。

 だから、もしもいずみが私を雇うのであれば、

 私は、いずみが母として移行していく上で必要な事をサポートするわ。』

 そう言ってくれました。

 大切な時間か。

 この大切な時期、、、大切な瞬間、、、を”すべき事”に追われて

 充分に味わわないまま過ごしてしまうんだ。

 そして、知ってる。

 すべき事に追われていると(doing good)

 気持ちいい事を感じる( feeling good) スペースが自分の中から失われてしまう事を。

 私だって年齢的に、次の赤ちゃんを授かれるか分からない。

 だったら、十分に味わいたい。。。

 そんな風に思って彼女の仕事の説明を聞きました。

 インタビューで色々と話した後に、私がトイレに行きたくなって

 彼女に赤ちゃんを抱っこしててもらえるか聞きました。

 そして彼女に赤ちゃんを渡した瞬間の彼女の赤ちゃんの抱き方を見て

 私は驚きました。

 ふんわりと赤ちゃんを包んで抱く姿があまりにも美しかったのです。

 その美しさにショックを受けながら、

 私はトイレに行きました。

 そして戻って来るとなんと赤ちゃんは、

 すでに彼女の腕の中でスヤスヤと寝息を立ててる!!!

(*あまりにもビックリして、写真を撮らせて!!と言って撮った一枚。)

 凄くリラックスして彼女の腕にくるまれている赤ちゃんをみて、

 瞬時に私はこの人だ。と感じました。

 そして、私は彼女から沢山の事を学びました。

 (産後7週間で赤ちゃんを見てくれる人を雇うなんて贅沢なことだろうか?)

 そう思いましたが、

 私は、彼女から毎回お金には換えられない大切な大切なものを学んでいます。

 後日、ジュリーが電話をして来ました。

 『いず美、あの電話の後、どうしたかと思って気になって。』と。

 『凄く素敵な人に出会って、毎回彼女が来る度に学んでるの!

  お母さんて、どういう風に接するのが

  私にとっての理想なのかを見せてもらっている感じ。

  アンドリューに対してもイライラしないんだよ。

  それ以上に私の方が、赤ちゃんといい時間を過ごして、

  赤ちゃんともつながってもっと仲良くなっているの。

  2ヶ月で働いてもいないのに、誰かを雇うなんて

<