心から出る言葉


(*お友達の針灸師の直子ちゃんからせんねん灸を頂き、

  妊娠出産に良いツボに毎日お灸をすえています。アンドリューも一緒に。

  ちなみに膝毛がアンドリューです。)

暑い暑い毎日。

汗をじっとりとかいていく夏が来た感じ。

体温がとにかく高い私は、35°と言われても体感温度45°ぐらいに煮沸している。

あまりにも暑いので

アンドリューは一階のベッドで寝る事にして、私はいつも通り2階の寝室で寝ている。

ただ、今朝明け方の3時半頃、アンドリューが二階のベッドに入って来た。

私もちょうどトイレに行った後で、うっすら目が覚めている感じだったので

『どうしたの?』と聞くと

『いや、ここ最近一緒にいれなくて、なんか淋しいなって思って。』

そう言う彼。

snuggleしたいと彼がいうので、45°の私のカラダは暑いけど、snuggle した。

彼は、30分位すると安心した様で、寝息を立て始めた。

そんな彼を意識の遠くで聞きながら

私もまた深い眠りに落ちていった。

朝目が覚めて、ふと振り返った。

きっと、淋しいなと言う彼に対して、昔の私だったら

『何言ってんの?男のくせに』

と、言葉尻をとったり、ジャッジしたり、否定したりしてたかもしれない。

もしくは

『最近一緒にいれないって言うけど、一昨日2人でビーチ行ったばかりじゃない』

と、理論で返した私もいたかもしれない。

その上

『ちゃんとしてよ、これからお父さんになるんだから。全く頼りないわね』

なんて上から目線で話していたかもしれない。

でも、これらの言葉は私の本音から出て来たというよりも

そう言う状況の時にこういう事を言っている場面を、テレビのホームドラマとか、漫画とか、そう言う事を言っている人をよくみてきたから

パブロフの条件反射の様にこういう時にはこういうッて言う方程式が出来ている中での言葉な気がした。

その刷り込みの言葉であり、私の心からの言葉ではない。

Hi, How are you?

って聞かれたら、自分の気分がどうかな?と考える前に

I am fine thank youッて返答するのが刷り込まれている様に。

こんな感じの刷り込みの【条件反射的な流した】話し方で、

知らないうちに関係が稀薄になっていく事だったり

知らないうちに、傷ついたり傷つけた感覚が有ったりする事が

過去にどれだけあっただろうか。

泣いている子に対して泣くのを止めろという部活の監督。

そう監督も言われて来たから条件反射で言っているのか、

本当に泣かない方が最大の愛とつながると思うから言っているのか。

『あいつ、だせえ』と仲間が言っているから、それに便乗して言っているのか

だせえと言った方が相手の為になると思っていっているのか。

『そんな、良いですよ』とYesが条件反射のごとく出て来て言いながら、

心の中では本当はNOと言いたい時のように。

でも、この流れでYesというしかないじゃない、、、みたいな。

【流れ】に乗って条件反射のように、口から言葉が出て来るとき。

そして、知らないうちに相手も自分もつながる事が出来なくなってたりすることもある。

この世の中で、愛されている感覚を希薄にさせてしまうのが

条件反射から出て来る【流れ】の言葉のような気がする。

「大人なんだから」

「女なんだから」

「父親なんだから」

「男なんだから」

私は一つ信じている事がある。

この世の中には『大人』という