女性からのサポート


ベイビーシャワーの前に聖なる儀式(ブログ)というものを行いました。

女性に集ってもらって、私の母となるステップを祝福してもらうと同時に

女性からの心のサポートをもらうというものです。

この儀式をした時にジュリーに言われました。

『いず美、一つ、ウィスダムを伝えるわ。

 これから、あなたを支えるのは旦那さんだけではない。

 女性のお友達よ。今まで以上に、あなたは女性のお友達を大切に思うわ。

 アンドリューは、

 あなたと子供を支える為に一生懸命に働いて安全な家を提供する事を頑張ると思う。

 もちろん、彼の事だから、出来る範囲で子育てにも参加してくれると思うけど。

 それでもね、

 仕事から帰って来て、

 彼に自分の人生の全てを委ねるのはとってもフェアじゃないわ。

 でも、あなただって、自分の心のうちをシェアしたいと思う事はあるでしょう。

 その時に、旦那さんが寝ちゃったとか、話を聞いてくれないとか、

 旦那さんを悪者にするのだけは止めなさい。

 あなた、昔、言っていたわよね。10時間働いた後は何も考えられなくて

 ボーッとyoutubeを見てご飯食べて、そのまま気付いたら寝ちゃってたって。

 キャリアウーマンでいた時期があるのだから、仕事から帰って来た彼の気持ち

 分かると思うわ。

 まして、アンドリューなんて12時間労働なんだし。

 だからね、あなたの心がつかえたとき、旦那さんだけではなくて

 外のお友達に助けを求めなさい。

 私も、あなたの為にいつでも話は聞くわ。

 セレモニーでいた女性達もきっとあなたの力になってくれるはずよ。

 そうやって、村を作っていくのよ。

 ただしね、

 旦那さんの事を悪者にして話を進める女性のお友達には気をつけなさい。

 あなたの不満を聞きながら、

 愛のある方向へ導く話が出来る人だけを周りに寄せなさい。』

そう教えてくれました。

一人の時は確かに全部自分で何とかしようとして出来ていた気がする。

かつていじめられた事、女性同士の陰湿さ、

そんな感じで、どこかで私は女性という動物に対して、

ある一定の距離を置いていた部分がある事もいなめない。

ただ、最近の思考と現実の接点の流れは早く、

その女性のお友達に甘えても良いという機会がすぐにやってきました。

糖尿病の検査をした結果、私は、妊娠中の糖尿病だと診断されました。

マジかよ。

もう、この時点でガックリうなだれていました。

ああああー自宅出産はもうないな。。。と。

そして、Dr.から血糖値をモニタリングする検査の道具をもらい、帰宅した先週。

あれだけ聖なる儀式とベイビーシャワーで愛の空間に入って大丈夫!

と思っていたのに。

さて、血糖値を毎食後に調べると、驚きの結果が。

なんにも悪くない。

通常、食後1時間後の血糖値が、80−140の間の数値であれば正常であり

糖尿と言われる人は140を越えるので、食べるものを注意してモニタリングをしないといけないのに、私の場合は86−100の間でいつもおさまってるという結果。

なに、これ??

アンドリューと話すと

『普段、白砂糖なんてここ10年以上食べていないのに

 急に50グラムとか100グラムの飲み物を5分間で飲み干したら

 カラダはその砂糖を消化するのにビックリしたんじゃないかなあ?

 だから、人工的な結果となった糖尿病と言う診断かもね。』

と言う。

そして

『あのさ、一つ確認したいんだけどね、

 こうやって病院のシステムに従ってやっていく事で

 いず美の本来のやりたいお産から遠ざかっているよね。

 胎盤だって結局は、問題なさそうだし、血糖値だってノーマルだし。

 ただ、でもこの二つで、君は自宅出産の機会を失った。

 もしも、君に本当に胎盤の問題があり、血糖値の問題があったとしたら、

 きっと君は病院のシステムに対して、ありがたく思い安心をして身を委ねるだろう。

 で