心配しなくていいことに心配しなくていい

今週の火曜日に、Perinatologyという超音波検査の専門家へ行ってきました。

前回の胎盤の位置を確認してから4週間後ということで、

そこから毎日、

赤ちゃんに一緒に出産体験しようね、って話しかけながら願っていたけど、

どこかで、何がきても大丈夫という気持ちもあって、穏やかに向かいました。

お腹の上から超音波を載せると

『赤ちゃんの頭で胎盤が見えないわね』と専門家が言いながら、

それでも赤ちゃんの心臓の動きや、腎臓の中のオシッコを見たり

彼女の指を眺めたり。

本当に自分の体の中にもう一人の人間が存在していることが、不思議で仕方がなく

じっとモニターを見つめていました。

そして、『うん、やっぱり頭が動かないから、膣の方から入れて見て見ましょう』

そう言われて、妊娠の初期に行ったように、膣から超音波の棒を入れてみることに。

いやーびっくり。

子宮口(cervix)の存在は知っていても、それを超音波を通じてみると、

がっちり、ちゃんと閉じていて、自分の子宮がお花のつぼみに見えて、

あ、このつぼみ(cervix)が開くと、赤ちゃんが出てくるんだ〜!!!

と人体の素晴らしさに感動をしていました。

それにしても、こんな大きな赤ちゃんがいて、そこに水も入っているのに、

この子宮口のこの部分だけでがっちりその栓をしているって、

どれだけ子宮口って口が固いんだろう。。。。

そんなことにも感心をしてました。

その間、アンドリューが超音波の技師の人と話をしていました。

『前回の時には0.5センチだったんだ。

 ドクターからはミラクルナンバー2㌢だと言われているんだよ。

 2センチ以上だったら、問題なく生まれるからって。』

技師の女性は

『オッケーじゃあ、測って見ましょう』と。

私は、

赤ちゃんの頭がすぐ近くに見えることも私にはとても嬉しくて、

ずっと眺めていると、

『えっとね、1.8㌢よ』

ドラムロールなぞ、なんの前触れもなく、そういう技師に

一瞬、何を言っているのかわからず、アンドリューと目を合わせ、

『え?!今、なんて言った??』

と聞き直す私たち。

『1.8センチよ。後、0.2センチでミラクルに到達ね。

 ここからまだまだお腹が大きくなっていくから、

 2センチには余裕に達すると思うわよ。』

やったー!!!

っていうよりも、なぜか『でしょうねええ』っていう変な確信があった私たち。

でも、アンドリューが

『ちょっと待って、それって、

 三倍以上にもうこの1ヶ月で移動したってことじゃないか〜!!!』

というのを皮切りに、

おおおおおおお〜!!!ミラクルううううううううううう!!!!

と叫ぶ私たち。

すると

『膣に棒を入れたままだから、まだ動かないでちょうだい』とたしなめられる。

あ、そうだった。

調子にのると、たしなめられるパターンは子供時代から変わらない。

でも、これは、祭りではないか。

本当に母が言う通り、命を扱っているのだから、人間の頭では予想できない。

はるかに人知を超えた流れというのがあるのだ。

その波に乗って、その時々に対処をしていくことが

今を生きるということなのかもしれない。

先を予想して、不安で対策を前もって練るのは、不安ベースの行動だから

ずっと不安がつきまとう。

でも、その時々に愛をもって、何があっても自分は大丈夫だって信じて愛ベースの行動を行なっていたら、きっと愛の中で生きられる。

あと、0.2センチ。

えいえいおー俺の胎盤!!!

オフィスを出た後、アンドリューが言った。

『俺たちって、心配しなくてもいいことに心配しちゃってたね。

 信じることを選択することだよな〜。』

そうだね。信じよう。プロセスを。

そして、その時にできる精一杯を愛を持ってやっていこう。

心配する時って、正しさを選ぶ時。

信じる時って、愛を選ぶ時。

何度もなんどもこの工程を突きつけられるたびに思う。

愛を選択することの大切さを。

むふふ、俺の胎盤、えいえいおおおおおお〜!!!

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”