Dr.との面会


新しいDr.との面会の朝、私は朝からイライラしていました。

なにかにつけてアンドリューに文句を言い、イチイチケチをつけていました。

普段だったらどうでも良い事を口うるさく言う私に、

何も影響を受けていない様に見える彼。

そして、

『私の事がそんなに好きじゃないんでしょ』といちゃもんをつける私を

なだめようと近寄って来るけど、

『ふん』と言いながら

私は、マタニティヨガを1人でプンプンしながら受けにいきました。

このままじゃあ、ヤバいなあと想いつつ。

何に対してこんなにイライラしているのか分からない。

普段だったら、自分を振り返り「どうしたの?」と心に聞けるけど、

そんな心境ではないほどイライラしている。

心が重たくて重たくて、

アンドリューに距離を置いている自分がいて、

「もう私達ダメかもしれない。。。。」などと

何もないのに、思い始めるほど脳内の被害妄想が酷くなっている。

14時になって、Dr.のオフィスに到着。

そのイライラのせいで私はアンドリューとは別の車で

1人でDr.のオフィスに向かったほど。

すでにオフィスで待っていたアンドリューをみて、またイライラしている。

喧嘩をふっかけたい私。

それに応じないアンドリュー。応じないと言うか気付いていないのか。

ただ、オフィスに入った瞬間から、ヒップなオフィスに私は正直驚いた。

受付の女性も、パンクな格好をしている。モヒカンに全身タトゥ。

Free Spiritって感じで、とても明るく優しい雰囲気。

だからと言ってピンク一色ッて言う感じではなく、ヒップなオフィス。

音楽もクラッシックとかではなく、最近のポップが流れている。

働いている人が楽しそう。

今までの病院のイメージという感じとは全く異なる事に喜びを感じながらも、

別の不安を覚え、アンドリューに

『ここって本当にアンドリューの働いている病院の一部よね?

 保険、ちゃんと効くよね?』

と確認したほど。

そして、自分の順番を待つ間に、アンドリューが手にした本がとても素敵だった。

有名なハリウッドの女優達が水中でのマタニティの写真集だった。

おっぱいを出して、赤ちゃんにあげている様子は美しく、

それを見て私はぽろぽろと泣いた。

さっきまでイライラしていたくせに今度は、もう泣けてしまう。

なんなんだ。

診察室に通されて、アンドリューと2人っきりになった時

アンドリューは

『今回は自分の想いをまっすぐに伝える事を僕はサポートするよ。

 自分がしたい事をDr.に伝える事って君にとってエンパワリングだと思うんだ』

そう言った。

ダメだ、涙が止まらない。

Dr.が来る前に、涙を止めたいけど止まらない。

何の涙か分からなかった。

そして、Dr.が入って来た。ギリシャ出身の大柄な落ちついた男性だった。

『やあやあ!どうよ!』

そう言って入って来る彼に頼もしさを覚えていると

『君の事を先ずは教えてくれよ。君の事を知りたいんだ』

そう言った。

喉を詰まらせたが、あふれる涙が止まらず

『私、ちょっと今日はイモーショナルで。。。。言葉が出てこないの』

そう言うと、Dr.は

『もちろん、イモーショナルな事だよね。 

 イモーショナルになれるって素敵な事だよ。とても美しいと思う。

 だから、良いよそのままで。涙も流しっぱなしで大丈夫だよ。』

優しくなだめるというよりも、

感情に対して共感すると言う感じの彼にホッとした。

彼は私と同じソウルでありライクマインドだ。。。。と。

喉が震えて上手に話せない私の代わりに

アンドリ