第3の眼で見る


直感とつながると言うインスピレーションのボトル。

青色のラピスラズリと金色の水晶のコンビネーション。自分の内なる真実とつながることにフォーカスを置く石だと私は感じています。

だから、私がセッションでクライアントさんに出すお水は、

この【インスピレーション】のお水です。クライアントさんが自分の内側の真実と繋がりますように、そして、そのインスピレーションを受け取りますように、と言う想いを込めて。お買い求めはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このボトルを購入したある素敵な女性のお話。

『自分が稼げていないことが、すごく悲しい。

 魂の潤い仕事が、経済的な支えを生み出さないと言うところにぐったりしちゃう。』

そんな風に心の内を打ち明けてくれた彼女。

お子様がいて、母をし、仕事をし、そして、妻をしている彼女。

なぜそこにぐったりしているのかを聞いていくと、

旦那さんに協力をしてもらえないからだという。

●旦那さんに自立をしてほしい。

●何もせずに、ご飯まだ?と言ってくる彼に怒りがわく!

●私の望んだ通りにしてよ!って思う

そう感じていた彼女。

でも、彼にそう言っても

『私の仕事量とやっていることを減らせっていうだろうな』

と言うところでグルグルとして、

最終的に一人になりたいと感じている。

子どもは好きだけど、ヤラなければいけないことが多すぎて、遊ぶこともできないし、笑ってあげることもできん。

そんな状態。

疲労困ぱいだろう。。。。

彼女の真面目さが分かるがために、この現状を打破したいと模索している感じがよく分かる。

ただ、

私が彼女とお話をしている中で、ふと気になった点があった。

『ママ友といつも”男はわかっていないよね”って、旦那の悪口で盛り上がる』

と言っていた。

旦那さんとの関係に、悩むことはあっても、悪口を言ったら、

私は個人的にその関係は終わりだと思っている。

分離が始まっていると思う。

理解し合うよりも、分離。

悪口を言うと、それがあたかも真実かのように私たちの脳は感じてしまう。

だから、どんどんと相手のことが嫌いになって、距離を置くようになる。

悪口って、悪い方向への入り口だと私は感じている。

さて、その彼女。

実際に『旦那さんには分かる筈がない』と言う現実に彼女は心を悩ませているようだ。

「私にとって、仕事が魂を潤すということが、理解できないんだ。

 でも、それをわかって欲しいんだよ。

 考えても、考えても、旦那さんが”魂のつながり”を理解する姿が浮かばないの。

 やっぱり、その体験がなければ、理解できないのではないかな。

 悪いけど、どうしてもジャッジする自分に戻ってしまう。。。」

「彼には分かる筈がない」というフィルターが強化されている瞬間である。

そして、その対処法を考えた結果、

『私の仕事できちんと売上を伸ばして、家にお金をいれてからでないと、私にとって、仕事が魂を潤すということが、理解できないんだ!』

と、

そうやって、行動で示して、なんとか相手に分かってもらおうとする。

男らしくて責任感の強い女性ほど、