胃酸で脂肪を溶かす


カリフォルニアにいると、本当に興味深い人や物事に出逢う事がおおい。

先日クライアントさんの家に行った時、彼女の脇が青あざだらけだった。

一瞬、旦那さんに何かをされたのかと少し疑ったが、それを見て唖然とした私の顔を見て

『違うの、違うの』

そう彼女は訂正をした。

『ねえ、これなに?』

そう聞くと

『あのね、最新のなんだけど、私の顔を見て。

 二重あごが無くなったの分かる?』

彼女のかおをみて二重あごが酷いな〜と思った事がないので、実際良く分からなかった。

『二重あごなんてあったっけ?』

そう言うと『やだ〜凄くあって私、ずっと嫌だったのよ』

でも、そう言われるとスッキリしてる顎に私は違和感を覚えた。

彼女が小声で言った。

あのね、胃酸を脂肪に入れるとね、脂肪を溶かして二重あごをなくしたのよ。

『!!!!!!』

二度見をするとはこの事だ。

二重あごがなくなったことよりも

胃酸を脂肪にいれる???

その発想にまずは驚きが突拍子もなく、100メートル走を猛ダッシュする勢いで驚いた。

『でね、このハワイの写真を見て。。。。』

そう言うと

彼女と旦那さんが黄金色に輝くプライベートビーチであろう夕陽を背景にした写真だった。

綺麗だね〜

そう言うと、

2本指でズームした彼女が言った。

『ここ、I hate it(むっちゃ嫌悪感感じる)』

そのズームされた先が腕の付け根だった。

確かに腕を閉じた時に、第二のおっぱい?と言われるお肉が出る事がある。

でも、全体写真を見た時に、そこには目が行かなかった。

単純に綺麗だなぁ〜そう思ったまでだ。

ただ、彼女の意識はそんな所にはない。

なんなのこの憎々しい肉め!!

と見ている。

『だからね、私の脇にも胃酸を入れる事にしたのよ。これが消えたらハッピーだわ。 

 だから青ずんでいるけど気にしないでね。』

大丈夫かいな?

胃酸て胃にあるべきで、脇にあっていいんかいな?

クエッションマークが沢山ある中で、セッションをした。

そして、彼女の施術が終わった後、旦那さんの番がきた。

彼のカラダはガチガチで、呼吸がしにくいと言う。

カラダを見てYamuna ®Body Rolling で丁寧に筋肉から骨へとアプローチをしていく。

徐々に彼のカラダが動きを取戻し、本来のエネルギーに戻って行く。

彼が仰向けになったとき、意識が飛んで寝てしまった。

ぐぅぐぅいびきをかいて。

呼吸がしやすくなったんだろう。

だいたい、肺が本来の動きを取戻すと、呼吸が深くなり酸素が廻って眠くなる。